不登校新聞

210号 2007/1/15

かがり火 奥地圭子

2015年11月10日 12:22 by kito-shin



 ときに自分の原点をふり返るというのは意味深いことだ。私事で恐縮だが、私の人生の原点は、わが子の登校拒否。しかし、もう一つある。そもそも子どもと関わる仕事をしたいと心熱く思ったのは、中学生のころ「二十四の瞳」の本と映画に出会ったことだった。そして私は教師になった。

 あれは何に魅かれてのことだったか。一度訪ねたいと思いつつ、瀬戸内海育ちの私は、そのままにしていた小豆島にこの正月休み足を向けた。昔なつかしい島の家々のたたずまい、岬の分教場、作者・壺井栄の生きた町。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...