不登校新聞

210号 2007/1/15

「長田塾裁判」原告が控訴

2015年11月10日 17:32 by kito-shin



  2006年12月7日名古屋地裁が長田塾で子どもに対する違法な暴力があったことを認めながら、消滅時効を理由に原告の損害賠償請求を退ける判決をしたことを不服として、原告は名古屋高等裁判所に控訴の申立をした。
 
 高裁の実質的な審理は2007年春以降に始まる。原告弁護団は、名古屋地裁が約1年間かけて双方の主張を整理する準備手続をした上に、損害賠償請求権の時効消滅については原告側と被告側の双方が主張をしていなかった「不意打ち」の時効を認めた審理の違法と法律上の要件がないのに消滅時効を適用した違法を主張する予定。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大分県が不登校支援プラン発表、県内50団体を網羅

506号 2019/5/15

少年法の適用年齢引き下げに反対 愛知県弁護士「文化の破壊」

505号 2019/5/1

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...