不登校新聞

210号 2007/1/15

「長田塾裁判」原告が控訴

2015年11月10日 17:32 by kito-shin



  2006年12月7日名古屋地裁が長田塾で子どもに対する違法な暴力があったことを認めながら、消滅時効を理由に原告の損害賠償請求を退ける判決をしたことを不服として、原告は名古屋高等裁判所に控訴の申立をした。
 
 高裁の実質的な審理は2007年春以降に始まる。原告弁護団は、名古屋地裁が約1年間かけて双方の主張を整理する準備手続をした上に、損害賠償請求権の時効消滅については原告側と被告側の双方が主張をしていなかった「不意打ち」の時効を認めた審理の違法と法律上の要件がないのに消滅時効を適用した違法を主張する予定。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...