不登校新聞

210号 2007/1/15

第10回 母を責める前に、やるべきことを

2015年11月10日 13:20 by kito-shin



親の気持ち子の思い

 正月に、ふだん無沙汰の親兄弟が集まった。それぞれが親の家を出て、すでにうん十年。生き方も価値観も、いささかオーバーに言えば思想もまったくちがっている。そういう人間たちが、なぜか正月には集まる。共通の話題もないし、いっしょに見るテレビもあまりにもくだらない番組が多くて、私はひたすら正月が終わるのを待つ。
 
 今年はその"家族”のあいだでやけに盛り上がった話題があった。1月1日付新聞に報道されたが、テレビニュースはその前に報じていた「2歳児焼死、母スノボ」という事件だった。"家族”たちは「信じられない」「2歳の子をひとりで残して、よく遊びに行けたものだ」「このごろの母親は……」「いや、母親だけの問題じゃない、父親はどうしていたんだ」、カンカンガクガク――。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...