不登校新聞

210号 2007/1/15

ガマンする人生観が覆された 親の手記

2015年11月10日 17:40 by kito-shin


 40年以上前の話だが、来る日も、来る日も、私は、クラス中から攻撃されていました。小躍りしながらはやし立てる男子、ひそひそと内緒話をする女子。
 
 それは、私がテストで満点を取ることに執着していたこともありますが、私がテストでズルをしたと誤解されたことが決定的な要因になりました。「ズルをした」という誤解は、私には耐えられない屈辱でした。私も、必死で訴えましたが、私をいじめて意気投合していたクラス中は、何度説明しても、まったく聞く耳を持ってくれませんでした。
 
 信頼している担任の先生は「ガマンするのよ」とおっしゃいました。それから私は、いっさい弁解することをやめ、徹底的にみなを無視して、卒業までの1年あまりを過ごしました。
 
 ガマンすることは爽快、いじめることは見苦しい、そう思うしか私には道がなかったです。絶対に誰にも言わない苦し過ぎる記憶でした。家族にも、けっして言うわけはなく、それから30年、記憶の海の深い底に沈めていました。
 
 私たちの両親は抑圧的で、私は表面上、けっして、逆らうようなことはしませんでした。私の夫もそうでした。私たち夫婦は、争いごとは避け、穏やかに暮らすには、人に逆らわないことがもっとも大切だと思ったまま過ごしてきました。
 
 そんな私たちと、私たちの両親との、緊張に満ちた空気のなかで、長男、次男は育ちました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...