不登校新聞

210号 2007/1/15

学生も無意味と感じるいじめアンケート

2015年11月10日 15:41 by kito-shin


 先日、ある高校生と話す機会がありました。最近、彼の学校でも、いじめのアンケート調査が、学生全員に対してあったそうです。
 
 そのアンケートの質問というのは「いじめをしたことがあるか」「いじめをした場合、どんなことをしたのか」「どういう現場を見たことがあるか」(以上、選択式の回答)「どうしたら、いじめがなくなると思うか」「いじめられた子にどう接すればよいか」(自由記述式の回答)などだったそうです。
 
 彼の感想は「こんな質問でなにかがわかると思っている大人はバカではないか」ということでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...