不登校新聞

210号 2007/1/15

第210回 家庭でだって育つ

2015年11月10日 15:58 by kito-shin



 フリースクールという何の法律にも、どの機関にも縛られない場に「出席稼ぎ」のため、イヤイヤ来させられる子どもが続いたことは、東京シューレにとって大きな衝撃だった。来なければならないところではない。しかし「出席扱い」の措置が、その子にとって、行かなければならない所になってしまった。そして「行きたくない」、あるいは「行こうにも行けない」と自分を責め、劣等感・罪悪感に苦しむ子が出た。親のなかには「登校拒否の子どものためにつくられたところにさえ行けない」といって嘆き、落ち込んで、子どものご飯さえつくる気力を無くした人もいた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりUXが「自助会の作り方講座」全国キャラバンへ

514号 2019/9/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

514号 2019/9/15

不登校・ひきこもりイベント情報

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...