不登校新聞

210号 2007/1/15

第210回 家庭でだって育つ

2015年11月10日 15:58 by kito-shin



 フリースクールという何の法律にも、どの機関にも縛られない場に「出席稼ぎ」のため、イヤイヤ来させられる子どもが続いたことは、東京シューレにとって大きな衝撃だった。来なければならないところではない。しかし「出席扱い」の措置が、その子にとって、行かなければならない所になってしまった。そして「行きたくない」、あるいは「行こうにも行けない」と自分を責め、劣等感・罪悪感に苦しむ子が出た。親のなかには「登校拒否の子どものためにつくられたところにさえ行けない」といって嘆き、落ち込んで、子どものご飯さえつくる気力を無くした人もいた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...