不登校新聞

486号 2018/7/15

記者: kito-shin

kito-shin

(編集者)

きとう・しん
中学2年生から不登校になり、10年ほどひきこもってました。
2010年から『子ども若者編集部』として不登校新聞に参加し、2014年からWEBマガジンスタッフとして関わってます。
どうぞよろしくお願いします。

記事一覧

バックナンバー(もっと見る)

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...