記事タイトル一覧

漫画家・鬼頭莫宏さんに聞く

記事テーマ:識者の指摘

学校はたんなる入れ物 不登校でも人生困らない 今回お話を聞いたのは、漫画家の鬼頭莫宏さん。鬼頭さんの作品は子ども若者編集部内でも人気があり、インタビュー取材に応じていただいた。漫画家としての活動...

kito-shin kito-shin

【論説】いじめのスパイラルから

記事テーマ:連載

いじめっ子が、相手が死を選ばざるをえないほど攻撃を加える。その事実が発覚すると、メディアは学校と教育委員会を攻撃し、ネットでは加害者(家族も含む)叩きが展開される。大津市における事件は、過去の同...

kito-shin kito-shin

居場所を見つける旅 第7回

記事テーマ:連載

大人になったら、まず『もやい』。生活保護を学ぼう9月1日になる前に、甥っ子の夏休みが終わっていました。私が小学生のころとはちがって、今は8月の第4週から2学期が始まるのです。子どもの希望である夏...

kito-shin kito-shin

声「人生を生きるとは」

記事テーマ:親の思い

誰にも自分の言っていることや訴えが通じない。思いが伝わらない。誰にも理解されない思いを抱え、行きたくない場所に行く子どもの気持ちは恐怖とあきらめと絶望ではないだろうか。 私は子どもにとって「通...

kito-shin kito-shin

鬼頭作品は、なにがおもしろいのか

記事テーマ:当事者の声

鬼頭作品に通底するもの 本質的な"優しさの視点”  私が鬼頭莫宏作品と出会ったのは『ぼくらの』のアニメ放送であった。  当時、抑うつ神経症をかかえながら必死で就職活動をしていた。当然なが...

kito-shin kito-shin

不登校の歴史 第346回

記事テーマ:連載

学校に行かないで、在宅で育つ――。この成長のかたちもあるということを多くの学校が知ってほしい、と思う。東京シューレ葛飾中学校では、家庭も一つの成長の場と認め、無理に登校するよりも家庭を拠点にやり...

kito-shin kito-shin

かがり火

記事テーマ:連載

植物学者・宮脇昭博士について次のようなエピソードを聞く機会があった。宮脇博士は若いころ、ドイツに留学し、国立植生図研究所の植物社会学・研究者チュクセン所長のもとで学んだ。研究は、人間の自然破壊に...

kito-shin kito-shin

ひといき

記事テーマ:ひといき

ここ数日、やや暑さも和らぎ、秋の訪れも間近ですね。さて、私はふだん在宅不登校をサポートする東京シューレ・ホームシューレで仕事をしています。通いのフリースクールとちがい、会員は毎月の会員誌やネット...

kito-shin kito-shin

【社告】

記事テーマ:ニュース

『Fonte』4月15日号社告にてお伝えしました通り、本紙は購読部数減少のため、今年度いっぱいで休刊せざるを得ない状況にありました。危機を訴えたところ、新規購読者の増加、購読中止していた方の購読再開など多くのご協力をいただき、休刊回避の目標値に掲げた300部を達成することができました。これにより、来年3月での休刊は回避できる見通しとなりました。みなさまのご支援に、心より感謝申し上げます。  しかし、今後の購読拡大、そして定期購読の継続が事業継続に必要であることは変わりません。充実した紙面...

kito-shin kito-shin

朝日新聞と不登校新聞社がつくる「不登校セミナー」開催

記事テーマ:集会情報

9月23日、東京・秋葉原にて、「朝日新聞&不登校新聞がつくる『不登校セミナー』」が開催される。  セミナーでは、全国不登校新聞社スタッフならびに子ども若者編集部メンバーもが参加する。公開インタビュー&9312;「なぜひきこもりを雇うのか」では、ISFネットグループ代表の渡邉幸義さんが登壇。同グループは不登校やひきこもりの子ども若者を積極的に雇うIT企業。「なぜ、ひきこもりを雇うのか」を子ども若者編集部がインタビューする。またパネルディスカッションでは「不登校・いじめと精神医療」では、児童...

kito-shin kito-shin

親の会情報

記事テーマ:集会情報

第3水曜日(19日)■宇宙船(不登校から学ぶ会)例会(神奈川)連絡先 045-894-3670(宮下)■ブルースカイ親の会(長野)連絡先 026-278-7223(松田) 第3木曜日(20日)■神戸・アルバトロス(兵庫)連絡先 078-351-1140(山本)■不登校・ひきこもりを話す市民の会(兵庫)連絡先 078-360-0016 第3金曜日(21日)■カタクリの会例会(島根)連絡先 0852-26-5286(吾郷・夜) 第4土曜日(22日)■練馬・登校拒否を考える親の会(東京)連...

kito-shin kito-shin

infomation

記事テーマ:集会情報

22日(土・祝)■「こわれ者の祭典」東京講演会 場 新宿ロフトプラスワン(東京)時 間 午後1時半~午後4時講 師 月乃光司さん(作家)ほか参加費 1500円(別途飲食費)主 催 こわれ者の祭典連絡先 080-6618-8806 ■講演「安心ひきこもりライフ」会 場 とよた市民活動センターホール(愛知)時 間 午後1時半~午後4時講 師 勝山実さん(ひきこもり当事者)、伊藤書佳さん(本紙理事)参加費 800円主 催 まちあいしつ(不登校を考える豊田の会)、しゃべり場(子どもと教育・若者支...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...