記事タイトル一覧

禅寺で修行中の不登校経験者に聞く

記事テーマ:当事者の声

今回、取材したのは土山敏宏さん(26歳)。中学2年生から不登校を始め、22歳のとき「新しい生き方を提示してくれた」という茶道と出会う。それが縁で現在は奈良県にある禅寺で、手伝いを兼ねて居候をして...

shiko shiko

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

記事テーマ:ニュース

精神医療における人権侵害を調査・摘発している市民団体「市民の人権擁護の会・日本支部」は、小児医療の現場で起きる問題や、心の健康を考える「パネル展示会ツアー」を行なった。 展示会ツアーが行なわれた...

shiko shiko

自殺防止対策基本法案、大綱発表

記事テーマ:ニュース

2006年5月15日、参議院の超党派議員でつくる「自殺防止対策を考える議員有志の会」は、「自殺防止対策基本法案(仮称)」の大綱を発表した。有志の会は、今後法案を参議院に提出し、今国会での成立を目...

shiko shiko

読者の声 架空請求はがき

記事テーマ:当事者の声

先日、私宛に「民事訴訟継続中最終警告書」という変なはがきが届きました。 「訴訟番号(ハ)553-77号 現在、貴殿は「総合消費料金未納分」について(中略)このまま連絡無き場合、指定裁判所から書類...

shiko shiko

読者の声 おかしいぞ共謀罪

記事テーマ:当事者の声

いま国会で、団体が「犯罪」の相談をしただけで罪に問われる「共謀罪」の成立について審議され、強行採決されそうになっています。 国会議員、とりわけ与党は気が狂ったとしか思えません。なにがなんでも会期...

shiko shiko

全国不登校新聞社、通常総会を開催

記事テーマ:その他

2006年5月14日、全国不登校新聞社の通常社員総会を開催しました。総会では、05年度の事業報告・決算、06年度の事業計画・予算を承認し、役員を改選いたしました。 新役員体制は以下の通りです。 代表理事・奥地圭子、多田元。理事・奥村健、木村砂織、小林繁雄、森英俊、石井志昂、山下耕平(事務局長を兼任)、石橋涼子(新任)、北村年子(新任)。監事・石井妙子。山下英三郎氏は任期をもって退任されました。 また、06年度、編集体制を大きく変更することを決議しました。 7月下旬、編集機能を大阪から東京に...

shiko shiko

かがり火

記事テーマ:その他

登校拒否を何がなんでも直すという考え方から戸塚ヨットスクール事件、不動塾事件、風の子学園事件が起きた。 ひきこもりやニートを何がなんでも直す、という考えから長田塾の人権侵害やアイ・メンタルスクー...

shiko shiko

ひといき

記事テーマ:その他

発芽玄米を食べている。いまの季節なら、玄米を一晩水に漬け、半日ザルにあげて布巾をかぶせておけば発芽してくる。 そこで炊いてしまうのだが、そのまま発芽させておくと、やわらかな緑の芽がぐいっと伸び、...

shiko shiko

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...