不登校新聞

197号(2006.7.1)

その他

子どもの頼りになる場所は【子どもの権利条約】

自分の権利を侵害されたとき、どんなところが助けてくれるのでしょうか。 子どもの権利条約第39条は、子どもは、虐待や体罰などの被害にあった場合、ショックを受けた心と体を回復して...

  いいね!   shiko shiko

ゼロトレランス指導に違和感

いろいろな新聞でゼロトレランスの記事を読みました。私はアメリカで効果があったからといって、日本の教育と根本的にちがうのに、という気がします。 アメリカでは個の主張がしっかりで...

  いいね!   shiko shiko

シンガーソングライターが見つけた喜び

自殺やいじめを唄うシンガーソングライター・モリサオリさん。モリさんに、これまでの経緯や歌への思いをうかがった。 * * * モリさんが音楽をはじめるきっかけは、中学校のころの...

  いいね!   shiko shiko

ザ・コーポレーション【映画評】

村上ファンド事件にライブドア事件、シンドラー社のエレベーター事故、耐震強度問題などなど、最近のニュースは企業の「不祥事」に事欠かない。 わが家では、5歳の息子までが「アメリカ...

  いいね!   shiko shiko

地上げ屋がタイで出家した理由

今回、取材したのは、上座部仏教の僧・藤川チンナワンソ清弘さん。ひたすらに「金」を追い求めてきた人生から一転、タイの僧侶になったという不思議な経緯などをうかがった。 * * *...

  いいね!   shiko shiko

奄美大島登校拒否追放運動 不登校の歴史vol.197

鹿児島県奄美大島にある宇検村は1992年当時、戸数1087戸、人口2542人、集落数14の村だったが、そのうちの一つ久志集落で、登校拒否追放運動が起こったのだった。久志は、人...

  いいね!   shiko shiko

フィンランドと日本の教育のちがい

夏至を過ぎると北欧諸国では白夜の季節になる。ムーミン童話を生んだフィンランドでも「夏祭り」が始まっているころだ。 フィンランドは経済協力開発機構の国際学力テストで2年連続世界...

  いいね!   shiko shiko

ひといき

お米の話のつづき(前々号より)。お昼ご飯には、おにぎりを持っていっている。 毎朝、ご飯を握っていると、なんだか手を通して元気をもらっている気がする。というか、おむすびと何かや...

  いいね!   shiko shiko

他の号の記事

国の通知、どう読むの? 不登校の歴史vol.540

「出席扱いとすることにより、不登校が必要な程度を越えて長期にわたることを助長しないように」などと、10・25通知の別記にあるのだが、こういう文を見ると、法律ができて、やむを得...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 540号 2020/10/15

ひといき

「不登校」って、とても便利な言葉だと思います。「学校へ行っていない」という状態像をもって、子どもをひとくくりにできてしまうからです。 でも、よく考えると、非常に不便な言葉でも...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 540号 2020/10/15

指導要録上の出欠の扱い 不登校の歴史vol.539

不登校施策に重要な2019年10月25日通知を紹介してきた。学校復帰を前提に行なわれたこれまでの対応は変更され、普通教育機会確保法に従い、将来の自立支援をめざし、個々の子ども...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 539号 2020/10/1

ひといき

初めまして。本紙5面と子ども若者編集部を担当している、遠藤と申します。 このあいだ、近所のスーパーに出かけたとき、道行く人たちが、みんな一方向にスマホを向けて一心不乱に写真を...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 539号 2020/10/1

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

前号本欄で、まず誤字があったことをお知らせし、お詫びとともに訂正したい。 現在本欄では、学校復帰前提路線から転換した不登校政策を示す大変重要な10・25通知を紹介している。 ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 538号 2020/9/15

ひといき

「かがみの孤城」の舞台を観させてもらった。原作は辻村深月さんが書いた同名の小説。学校へなじめない7人の中学生が主人公である。 主演は元乃木坂46の生駒里奈さん。生駒さんも実際...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 538号 2020/9/15

教育委員会や教育支援センター 不登校の歴史vol.537

現在、本欄では、従来の学校復帰路線ではなくなった10月25日通知を紹介している。まだ昨年出されたばかりの国の通知である。 前号では「2学校等の取り組みの充実」の(3)まで解説...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 537号 2020/9/1

ひといき

コロナなどどこ吹く風で、いつも元気な3歳の娘ですが、「夏休み明け」はやはり多少、憂鬱になるようです。 2週間ほどのお休みのあと、娘は8月後半に保育園に登園したのですが、ふだん...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 537号 2020/9/1

令和元年10月25日通知とは 不登校の歴史vol.536

「令和元年10月25日通知」は、文科省による学校復帰前提の不登校施策を変更し、『学校に登校する』という結果のみを目標にするのでなくなったことが具体的に全国に通知された点で、大...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 536号 2020/8/15

全国不登校新聞社 新代表理事の就任あいさつ

7月に開催された弊社の社員総会におきまして、代表理事に就任しました石井志昂です。 私は中学2年生で不登校になりました。教師との関係、学業不振、いじめなどが重なっての不登校でし...

  いいね!   shiko shiko from 536号 2020/8/15

ひといき

長引く自粛のなか、みなさま、いかがおすごしでしょうか。私は大好きな「道の駅」めぐりをひたすらガマンする日々をすごしております。 「道の駅」で海鮮丼やソフトクリームを食べ、渋滞...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 536号 2020/8/15

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

本紙元代表理事・多田元さん(左)、奥地圭子さん(右) 2020年7月12日、当新聞社の理事会・社員総会が開催されましたが、この日、多くの理事・社員が退任・退社することになりま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

2019年10月25日、文科省初等中等教育局長・丸山洋司氏から発出された「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」は、非常に重要な通知であった。 2016年12月に公...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

かがり火

子どもが成長していくためには、いろいろな社会参加が必要となる。社会参加のうち学校生活はその縮図とも考えられるが、かならずしもそうなっていないのが現実だ。 家庭でできる社会参加...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

ひといき

コロナの影響によるテレワーク生活も早4カ月。自宅で仕事ができるのだからラクかと思いきや私はどうやら向いてなかったらしく、過眠や倦怠感、気力の低下など数年ぶりの不調が続いていま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。