不登校新聞

203号 2006.10.1

その他

若者たちの居場所・生きた学び場

本紙の編集長を交代してもらって、私は大阪で新しい仕事にとりかかることにした。 「編集長を辞めて、どうするの?」と聞かれると、「晴れてニートの仲間入りです」と冗談まじりに答え...

  いいね!   nakajima_ nakajima_

高校の削減は誰のため?

06年9月16日、高校問題シンポジウム第2弾「希望しても高校に入れない時代再来? 神奈川の全日制高校進学率90%を割る!」に参加しました。  この春の高校入試では、92・4...

  いいね!   nakajima_ nakajima_

学習会 子どもと精神医療をテーマに

「学校に行かないなんて、犬以下だ!」「この親不孝者がいつまで甘えているんだ、入院させて叩き直してやる!」このような医者からの暴言や暴力、強制的な入院によって、深く傷ついた子ど...

  いいね!   nakajima_ nakajima_

声「気分を大切に」

不登校について少し考えてみました。不登校をしている子どもの本心はたんなる「反応」なんだろうと思っています。理性と知識で不登校をとらえようとするから、また「本心」と「理性」を区...

  いいね!   nakajima_ nakajima_

声「素直な言葉に心が」

Fonte202号は興味深い記事が多くありました。  まず、4面の声欄から、阿部直子さんの投稿です。8月末の中1男子自殺事件について「小さい島では不登校をするのも大変なこと...

  いいね!   nakajima_ nakajima_

かがり火 森英俊

日の丸に向かっての起立と君が代斉唱を学校で強制することが「違憲」というはじめての判決が出た。  都立高校などの教職員が東京都と都教育委員会を相手に、起立・斉唱を入学式や卒業式...

  いいね!   nakajima_ nakajima_

ひといき 山下耕平・石井志昂

思えば、高校のときを最後に16年以上、健康診断を受けたことがない。「ちゃんと受けたほうがいいよ」と言う人もいるが、まったく必要を感じない。というより、それは倒錯した感覚ではな...

  いいね!   nakajima_ nakajima_

他の号の記事

「お子さんと関わってください」担任の先生に言われたときに読む本

親にとって「学校とどう付き合っていくのか」というのは難しい問題です。 とくに、子どもが不登校になると、学校の対応にモヤモヤすることも増えてきます。「家ですごすわが子と日々どう...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 498号 2019/1/15

いよいよ本格的議論 不登校の歴史vol.498

2015年8月11日、「超党派フリースクール等議員連盟」と「夜間中学等義務教育拡充議員連盟」は、第2回の合同総会を開催した。 これは「多様な教育機会確保法(仮称)」にとって、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 498号 2019/1/15

なぜか二男がけん玉をくれました

年の初めにどういうわけか二男がけん玉をプレゼントしてくれた。日本けん玉協会の認定競技用けん玉と銘うたれている。 早速けん玉の歴史を調べたら、日本では大正時代に江草濱次が広め、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 498号 2019/1/15

金沢望郷歌はいい曲なんですが【編集後記】

「金沢望郷歌」という歌をご存じだろうか。 松原健之という歌手が歌っているご当地歌謡なのだが、理事がなぜだかこの曲をたいへん気に入り、例のごとく、カーステレオで何度もリプレイす...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 498号 2019/1/15

フリースクールスタッフの仕事とは【北海道釧路】

私たちのフリースペースは、釧路湿原、釧路川、武佐の森、春採湖、大平洋の海、阿寒国立公園など、豊かな自然に恵まれた釧路市の中心街にあります。 駅・バスターミナルから徒歩3分。「...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

権利と責任はどこがちがう?【子どもの権利条約】

「権利の前に、まず義務を果たしてからものを言いなさい」 「子どもに権利なんか与えたら、わがままになる」 こんな言葉、聞いたことはありませんか。権利と義務は、セットで考えなけれ...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

マジメに働かない若者はなんて呼ばれてきたのか【100年分調査】

「最近の若い者は……」、よく耳にするこの言葉。ニートやひきこもりが社会問題にされるなど、若者が煙たがられるご時世、本当に「いまの若者」はダメなのか? いや、いつの時代にも若者...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

全国不登校新聞社、通常総会を開催

2006年5月14日、全国不登校新聞社の通常社員総会を開催しました。総会では、05年度の事業報告・決算、06年度の事業計画・予算を承認し、役員を改選いたしました。 新役員体制...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

川崎市・相談宿泊施設建設計画 不登校の歴史vol.195

ひきこもり・不登校についての、前号までに紹介したような考え方と行政の対策は、市民に元気がある地域では、衝突をひきおこした。 川崎市で、不登校児童生徒相談宿泊事業として、大きな...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

かがり火

登校拒否を何がなんでも直すという考え方から戸塚ヨットスクール事件、不動塾事件、風の子学園事件が起きた。 ひきこもりやニートを何がなんでも直す、という考えから長田塾の人権侵害や...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

ひといき

発芽玄米を食べている。いまの季節なら、玄米を一晩水に漬け、半日ザルにあげて布巾をかぶせておけば発芽してくる。 そこで炊いてしまうのだが、そのまま発芽させておくと、やわらかな緑...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

子ども若者表現応援基金が設立

人の経験は、作品になったとき、すごい力を発揮します。不登校を経験したきみ、その思いや心情、事実や思考を好きなかたちで表現し、作品にしてみませんか。 それらは、時代の表現として...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 497号 2019/1/1

馳浩ブログから 不登校の歴史vol.497

2015年7月30日、第7回多様な教育機会確保法立法チームが開催された。ここは、座長の馳浩衆議院議員のブログ「はせ日記」を紹介して、ようすを知っていただこうと考える。    ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 497号 2019/1/1

不登校傾向33万人が示すこと

日本財団の不登校傾向調査は注目すべき調査だと思う。私たちは昔から、登校はするが、教室に入れない、授業参加はしない、保健室ですごす、放課後ちょっと行くなどの部分登校や、財団調査...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 497号 2019/1/1

ひといき

時間の流れは不可逆なのに、季節はめぐる。子どものころから、そのことが不思議でならなかった。 イメージとして言えば、直線なのか円環なのか。そう言えば、時間の基準は、1年とか1日...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 497号 2019/1/1

水俣病50年集会、患者9人が発言

2006年5月1日は、水俣病の公式確認から50年にあたる。地元水俣では記念慰霊祭などが行なわれた。その直前の4月29日、東京では、「叢想行列」と「水俣病新たな50年のために」...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

フリースクールスタッフの仕事【東京都】

東京シューレでスタッフをしている藤田と申します。東京シューレには、学生のときにボランティアで関わり始め、縁あって11年前、スタッフになりました。 今でも「フリースクールで働い...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

暮しのなかの権利条約【子どもの権利条約】

新連載は、子どもの権利条約について。子どもの権利とは何か、どんなときに使えるのかなど、6回に分けて、子どもの権利条約ネットワークの安部芳絵さんに執筆していただきます。 * *...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...