不登校新聞

234号(2008.1.15)

その他

「脱・原発」の生活を考える

チェルノブイリ事故から22年――。旧ソ連時代の1986年、原子炉が爆発事故を起こし、大量の放射性物質が飛散。大気や水質の汚染、甲状腺ガンや母子感染など甚大な被害をもたらしたこ...

  いいね!   none 匿名

メモ「教科書検定制度」

教科書検定制度は、学校教育法に基づき1947年に制定された制度。検定では、すべての小中高・特殊諸学校で使用される教科書が検定基準に適合するかどうかを文科大臣が審議する。ただし...

  いいね!   none 匿名

第19回 2007年をふり返って【上】

連載「精神現象」  07年が去り、08年を迎えた。過ぎ去った年を回顧して、年末の各新聞は、恒例の重大ニュース特集を行なっていた。そのうちのいくつかを取り上げてみよう。本連載...

  いいね!   none 匿名

演劇を通じて、居場所づくり

遊びを通して体をほぐし、周囲とふれあうことで心をほぐす――。今回は、演劇という表現活動を通じて、市民と大学が連携を図るなかで進められているワークショップ(TFT)について紹介...

  いいね!   none 匿名

声「新年号を読んで」

息子の233号の感想で、パオロ・マッツァリーノさんの記事の「いいかげん節がおもしろかった」と言うので、私もどれどれと読んでみたら本当に怪しくてよかったです。どんな方なんだろう...

  いいね!   none 匿名

声「あたたかい人間性に」

新年号のマギー司郎さんの特別インタビューがすごくおもしろかったです。著書の『生きてるだけでだいたいOK』がすごく読みたくなりました。  書名を見ただけで共感できるものですが...

  いいね!   none 匿名

かがり火 奥地圭子

本紙を創刊したのは98年5月。今年、満10周年を迎える。  不登校専門メディアとして、当事者から学ぶことを大事にする市民がつくる新聞として、月2回の発行を続けることができた...

  いいね!   none 匿名

ひといき

かぜ気味なのに、しゃべりすぎて、のどが枯れてしまった。1日くらいは、ほとんど声が出なくなってしまって往生した。アタマでは話したいことがあるのに、声が出ないとイライラするし、電...

  いいね!   none 匿名

他の号の記事

コロナ状況と不登校 不登校の歴史vol.542

2020年のお正月には、誰も想定していなかった新型コロナウイルス感染は、地球規模に拡がり、パンデミック現象を引き起こした。 新聞によると11月2日現在、世界の感染者4608万...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 542号 2020/11/15

ひといき

不登校の数が小中学校あわせて18万人になりました。3年連続の過去最多です。 不登校の増加と減少、どちらがうれしいですかと聞かれることがあります。あたりまえのことですが、学校で...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 542号 2020/11/15

法ができてからの変化 不登校の歴史vol.541

突然、石井編集長より、この「不登校の歴史」を年内で終了するようにメールが来ました。私としては、あと1年は続けたいと思っていましたが、ダメとのことで、では、年度内の3月までと交...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 541号 2020/11/1

ひといき

コロナ感染者の数は減っていないのですが、自粛ムードがなんとなく、解けていっているように感じます。 先日、ある方のインタビューをしに札幌へ行ったのですが、飛行機は行きも帰りも満...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 541号 2020/11/1

国の通知、どう読むの? 不登校の歴史vol.540

「出席扱いとすることにより、不登校が必要な程度を越えて長期にわたることを助長しないように」などと、10・25通知の別記にあるのだが、こういう文を見ると、法律ができて、やむを得...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 540号 2020/10/15

ひといき

「不登校」って、とても便利な言葉だと思います。「学校へ行っていない」という状態像をもって、子どもをひとくくりにできてしまうからです。 でも、よく考えると、非常に不便な言葉でも...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 540号 2020/10/15

指導要録上の出欠の扱い 不登校の歴史vol.539

不登校施策に重要な2019年10月25日通知を紹介してきた。学校復帰を前提に行なわれたこれまでの対応は変更され、普通教育機会確保法に従い、将来の自立支援をめざし、個々の子ども...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 539号 2020/10/1

ひといき

初めまして。本紙5面と子ども若者編集部を担当している、遠藤と申します。 このあいだ、近所のスーパーに出かけたとき、道行く人たちが、みんな一方向にスマホを向けて一心不乱に写真を...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 539号 2020/10/1

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

前号本欄で、まず誤字があったことをお知らせし、お詫びとともに訂正したい。 現在本欄では、学校復帰前提路線から転換した不登校政策を示す大変重要な10・25通知を紹介している。 ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 538号 2020/9/15

ひといき

「かがみの孤城」の舞台を観させてもらった。原作は辻村深月さんが書いた同名の小説。学校へなじめない7人の中学生が主人公である。 主演は元乃木坂46の生駒里奈さん。生駒さんも実際...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 538号 2020/9/15

教育委員会や教育支援センター 不登校の歴史vol.537

現在、本欄では、従来の学校復帰路線ではなくなった10月25日通知を紹介している。まだ昨年出されたばかりの国の通知である。 前号では「2学校等の取り組みの充実」の(3)まで解説...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 537号 2020/9/1

ひといき

コロナなどどこ吹く風で、いつも元気な3歳の娘ですが、「夏休み明け」はやはり多少、憂鬱になるようです。 2週間ほどのお休みのあと、娘は8月後半に保育園に登園したのですが、ふだん...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 537号 2020/9/1

令和元年10月25日通知とは 不登校の歴史vol.536

「令和元年10月25日通知」は、文科省による学校復帰前提の不登校施策を変更し、『学校に登校する』という結果のみを目標にするのでなくなったことが具体的に全国に通知された点で、大...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 536号 2020/8/15

全国不登校新聞社 新代表理事の就任あいさつ

7月に開催された弊社の社員総会におきまして、代表理事に就任しました石井志昂です。 私は中学2年生で不登校になりました。教師との関係、学業不振、いじめなどが重なっての不登校でし...

  いいね!   shiko shiko from 536号 2020/8/15

バックナンバー(もっと見る)

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...