不登校新聞

234号(2008.1.15)

連載 (他の号の記事)

いのちとはなにか「尊厳死、家族の判断」

「いのちとはなにか」第2回目の連載は社会学者・立岩真也さんのインタビューの続きを掲載する。前回は尊厳死について、「苦痛」「経済的問題」「自己意思」の観点からお話しいただいた。...

  いいね!   none 匿名 from 279号(2009.12.1)

第279回 「協力者会議」最終報告は

連載「不登校の歴史」  今回から数回、2002年に設置された「不登校問題に関する調査研究協力者会議」の報告書を紹介したい。タイトルは「今後の不登校への対応の在り方について」...

  いいね!   none 匿名 from 279号(2009.12.1)

かがり火 奥地圭子

最近、不登校関係の親の会で「祖父母です」という方に、よく会うようになった。孫の不登校が心配で、参加してみようと思われたり、娘、つまり不登校の子の母親に説得されていっしょに来ら...

  いいね!   none 匿名 from 279号(2009.12.1)

【公開】いのちとはなにか「出生前診断・選択的中絶」

「いのちとはなにか」第3回目も、社会学者・立岩真也さんのインタビュー。連載中の立岩さんへのインタビューはこれで最後。 ――胎児の異常を判定して中絶する「出生前診断・選択的...

  いいね!   none 匿名 from 280号(2009.12.15)

第280回 不登校は多様化・複雑化

連載「不登校の歴史」  現在の不登校政策の方針となっている2003年報告「今後の不登校への対応の在り方について」を紹介する。今回は2章「不登校の現状」を取りあげたい。なお、...

  いいね!   none 匿名 from 280号(2009.12.15)

かがり火 森英俊

司馬遼太郎原作の『坂の上の雲』がNHKでドラマ化している。開花期を迎えた明治の日本が、あたかも青春のような時代として、国民の視線から描かれているというが、はたしてそうか。 ...

  いいね!   none 匿名 from 280号(2009.12.15)

渡辺位さんの言葉「主体性」

連載「渡辺位さんの言葉」  神経症の長いトンネルを抜けるのに20年以上かかってしまいました。たくさんの本との出会い、なかでも渡辺先生の本との出会いによって、かろうじてトンネ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 390号 (2014.7.15)

記者コラム 当事者から見た発達障害

綾屋紗月さん 連載「記者コラム」  「発達障害者支援法」が施行されておよそ10年、「発達障害ブーム」とも呼ぶべき状況は今も続いています。文科省は早期発見・早期対応の働き...

  いいね!   koguma koguma from 390号 (2014.7.15)

第39回 不登校の兄と登校している弟、兄弟仲が…

連載「孫の不登校」  私には2人の孫がいます。長女が産んだ子で、上は中3、下は中1です。長女の夫は単身赴任をしており、月1回帰宅する程度です。長女も働いており、電車で1時間...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 390号 (2014.7.15)

第5回 通信制高校との提携、各居場所で

日本フリースクール大会、会場のようす 連載「フリースクールの30年史」  今号は「設立者がふり返るフリースクールの30年」のうち、00年代後半から現在の状況を掲載する。 ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 390号 (2014.7.15)

第390回 再び、不登校と医療

連載「不登校の歴史」  本紙が300号を迎えただけでなく、世の中では不登校関連の情報が得やすくなり、相談機関、医療機関が増え、不登校対象の進学先も増えた2010年だったが、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 390号 (2014.7.15)

記者コラム 個性幻想を打ち砕いてくれた取材

芸術家・横尾忠則さん 連載「記者コラム」  「個性的な人間になりたい」と10代のころ、思っていました。その憧れは、10年間、数々の大物へ取材することで、こっぱ微塵に打ち...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 389号 (2014.7.1)

渡辺位さんの言葉「条件付けは傲慢で失礼なこと」

連載「渡辺位さんの言葉」  25歳になった息子は、小学校に入学して3カ月で不登校になった。世間的に"軽度の知的障害”と言われ、学校側からは一方的に子ども自身と親の対応の問題...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 389号 (2014.7.1)

第5回 居場所創設者は00年代の地殻変動をどう捉えたか

シンポジウムのようす。写真左から中村尊さん、江川和弥さん、中村和子さん、亀貝一義さん 連載「フリースクールの30年史」  今号の「設立者がふり返るフリースクールの30年」...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 389号 (2014.7.1)

第38回 自慢の孫の話をさせてください

連載「孫の不登校」  今日は自慢の孫の話をさせてください。  わが家は庭続きで離れがあり、母屋には孫と娘夫婦が住み、離れには私とおじいちゃんで住んでいます。  理由はよくわ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 389号 (2014.7.1)

第389回 『不登校新聞』創刊300号

連載「不登校の歴史」  本紙が、2010年10月15日、無事300号を迎えた。これは感慨深かった。タブロイド版8ページ、月2回刊のささやかと言えばささやかなメディアである。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 389号 (2014.7.1)

渡辺位さんの言葉 「受けいれるとは空にすること」

連載「渡辺位さんの言葉」  「強迫神経症のために、手洗いが止められない」「さまざまな行為をくり返して確認しないと気が済まない」という息子を見ていて、私はどうしたらこれらのこ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 388号 (2014.6.15)

第37回 小6の孫が母親にベッタリで離れない

連載「孫の不登校」  私には小6の孫がおります。私の一人娘の夫は転勤が多く、小学校入学以来3度目の転校後、昨年秋ごろから学校へ行けなくなりました。娘も最初は熱心に登校を促し...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 388号 (2014.6.15)

第388回 国の動き、2010年夏

連載「不登校の歴史」  そのころ、つまり、2010年夏ごろの政治や社会の状況はどうだったのだろうか。  前年8月、民主党が衆院選挙で歴史的勝利をし、9月鳩山内閣が生まれ、事...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 388号 (2014.6.15)

渡辺位さんの言葉「死んだ猫は悲しくないんです」

連載「渡辺位さんの言葉」  この連載は児童精神科医・渡辺位さんが亡くなる直前まで関わっていた「親ゼミ」受講生の親の方が執筆するコーナー。不登校運動の源流になっていった渡辺位...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 387号 (2014.6.1)

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...