記事タイトル一覧

石牟礼道子さんに聞く

記事テーマ:インタビュー

1950年代、高度経済成長を前に誰もが「経済発展」を期待するなか、公害「水俣病」(メモ参照)は生まれた。その発見は56年5月1日。しかし、もの・金優先の社会が追い求められ、そのための「人づくり政...

nakajima_ nakajima_

メモ「水俣病とは」

記事テーマ:その他

水俣病は1956年5月1日に公式確認された公害。水俣病は感覚障害や視覚障害などの症状が現れ、劇症の場合は数日で死に至ったほか、胎内で汚染される「胎児性水俣病」もある。  水俣病の原因はチッソ株...

nakajima_ nakajima_

創刊10周年 これからも子どもの視点

記事テーマ:その他

98年5月1日の「不登校新聞」創刊から10周年を迎えることができました。NPO法人による全国紙であり、名前もずばり「不登校新聞」にどんな反響があるか、ワクワクドキドキの当時の思いは今も鮮明に甦り...

nakajima_ nakajima_

本紙創刊からこれまでの活動

記事テーマ:その他

1998年3月 全国不登校新聞社設立4月 創刊準備号発刊5月  『不登校新聞』創刊記者会見   創刊号発刊。創刊記念集会を東京、 名古屋、大阪で開催8月 参議院選挙で各政党にアンケート10月 俵萠子さんを講師に秋の集いを開催 1999年 2月 はじめての読者会を東京で開催4月 東京都知事選で各候補にアンケート5月 創刊1周年記念集会を東京で開催。   講師に大田堯さんを招く。6月 全国不登校新聞社、NPO法人に認証。   NPO初の新聞社に。7月 インターネットを使って、子どもチャットを...

nakajima_ nakajima_

創刊10周年 読者が語るFonte

記事テーマ:その他

本紙通信員 谷口由美子  その名も不登校新聞!  いまはFonteですが、えらくストレートなネーミングで始まったのがもう10年も前とは、感慨深いです。  不登校新聞は、少数派の立場からの発信に価値があります。親の会も全国的に参加者が減っているということも本紙で知りました。  自分の関わる会でも解散を考えるときもあるのですが、本紙で知るさまざまな情報にも後押しをされてきました。  学校復帰策やスクールカウンセラーなどに巨額の予算がつくようになったことなど、一般紙では知りえないことを...

nakajima_ nakajima_

創刊10周年 子ども・若者編集部の軌跡

記事テーマ:当事者の声

Fonte(旧・不登校新聞)の創刊10周年。それはつまり、「子ども・若者編集部」も10周年を迎えたということ。これまで、28人の著名人にインタビューを行ない、82本の企画・記事を書いてきました。そこで、厳選した子ども若者編集部の10年の歩みをまとめるとともに、評判がよかったものや「これぞ、子ども・若者編集部」という企画について、どどーんと紹介します。 靖国神社ってどんなんだ?  2001年8月15日、子ども・若者編集部は靖国神社に取材に向かった。テレビや新聞の報道を鵜呑みにするので...

nakajima_ nakajima_

第241号 え、不登校を教護院に?

記事テーマ:連載

連載「不登校の歴史」  1997年6月3日、「児童福祉法等の一部を改正する法律案」が、国会で可決成立した。  児童福祉法が、戦後生まれて50年たち、時代と合わない部分がでてきていて、50年を...

nakajima_ nakajima_

かがり火 森英俊

記事テーマ:その他

この新聞が創刊されて、満10周年になる。不登校新聞からFonteに名前が変わったものの、一貫して不登校やひきこもりの当事者の視点に立って発行されてきた。編集局や支局のスタッフ、そして全国のみなさ...

nakajima_ nakajima_

ひといき 石井志昂・多田耕史

記事テーマ:その他

早いものでFonte  (旧・不登校新聞)が創刊されて、今年5月でまる10年を迎えた。私のこのコラムも10年間続いた。最初は文章を書いた経験も少なく、書くのがイヤでイヤでしょうがなくて、いつでも...

nakajima_ nakajima_

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...