不登校新聞

260号(2009.2.15)

ニュース

不登校、高校中退者の進路に焦点

内閣府と文科省が不登校、高校中退した生徒の追跡調査を開始することがわかった。調査のおもな対象は2004年度に不登校または高校中退をした人。進路状況や支援状況についてのアンケー...

  いいね!   nakajima_ nakajima_

他の号の記事

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

精神医療における人権侵害を調査・摘発している市民団体「市民の人権擁護の会・日本支部」は、小児医療の現場で起きる問題や、心の健康を考える「パネル展示会ツアー」を行なった。 展示...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

自殺防止対策基本法案、大綱発表

2006年5月15日、参議院の超党派議員でつくる「自殺防止対策を考える議員有志の会」は、「自殺防止対策基本法案(仮称)」の大綱を発表した。有志の会は、今後法案を参議院に提出し...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

子どもシェルター開設へ NPO法人パオ設立

虐待を受けるなど、居場所を失った子どものために緊急に避難できるシェルターを提供するNPO子どもセンター「パオ」の設立総会が2006年7月1日名古屋市で開かれる。 その設立は愛...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

教育基本法改正案に緊急メッセージ

2006年4月28日、教育基本法改正案が国会へ上程された。これを受け文科省は5月8日「教育基本法改正推進本部」(本部長・小坂憲次文科相)を設置した。文科省は成立に向けて、省を...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

初申請から10数年、やっと神戸のフリースクールに通学定期認可

フリースクールなど通う際、当事者の運動によって1993年から、小中学生は通学定期券を購入できるようになった。ただし、通う場所が学校から実習先として認められる必要があるが、兵庫...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

「失敗をできる職場に」ブードンがひきこもりを積極採用する理由

ひきこもりを経験した若者を積極的に採用する「株式会社ブードン」。社長の佐野光司さんに、会社を設立した経緯や会社のシステムをうかがった。 * * * 一風変わった取り組みで、若...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

「毅然とした生徒指導を」国立教育研究所と文科省が提言

国立教育政策研究所生徒指導研究センターと文部科学省は、小中学生への出席停止も「有効的な手段の一つ」などと新たな生活指導の対応を求める内容の報告書を公表した。 同センターと文科...

  いいね!   shiko shiko from 196号(2006.6.15)

子どもの日に1万7000件の電話相談

毎年、実施されている『子どもの日チャイルドライン』が、2006年も、5月5日から11日の1週間、全国57団体で実施された(主催・チャイルドライン支援センター)。 アクセス数は...

  いいね!   shiko shiko from 196号(2006.6.15)

「3年間で不登校を半減政策」 新潟市で開始

新潟市教育委員会が、市の不登校生徒数を3年間(06年度~08年度)で半減する目標を掲げた「不登校未然防止プロジェクト」をスタートさせた。 新潟市内の不登校生徒数は05年度で7...

  いいね!   shiko shiko from 196号(2006.6.15)

子どもの電話相談「チャイルドライン」、相談理由は「話しを聞いて」7割

子どもの電話相談などに取り組む認定NPO法人「チャイルドライン支援センター」(以下、センター)は今年8月、最新の年次報告を取りまとめた。 それによると、2017年度に「チャイ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 495号 2018/12/1

外国人であることを理由に公立中学退学 親子が市を提訴

京都市立の中学校を退学になったことに対し、在日コリアンの男性(現在18歳)とその母親が、京都市を相手に1000万円の損害賠償を請求する裁判を起こした。学校側は親子に「外国人に...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

奈良県少年補導条例 市民ら緊急集会

2006年6月24日、奈良市で「緊急県民集会~もう一度考えよう、奈良県少年補導条例~」が開かれた(主催・奈良弁護士会)。7月1日の施行を目前に控え、弁護士会、不登校の親の会、...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

少年法改正後の逆送3.8倍に増加

法務省は2006年6月9日、01年4月に施行された改正少年法の、この5年間の運用状況をまとめ、国会に報告した。 改正少年法では、殺人など重大事件の場合、原則として家裁から検察...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

不登校が最も多かった2017年度 なぜ不登校は増え続けているのか

文科省は2018年10月25日「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(以下・本調査)の速報値を発表した。2017年度に不登校した小中学生は14万403...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

佐世保市の子ども育成条例に「愛国心」記載

長崎県佐世保市(光武顕市長)が2006年6月29日、基本理念に「郷土や国を愛し」などの文言を盛り込んだ佐世保市子ども育成条例を施行した。奈良県の補導条例や大阪府の青少年健全育...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

子どものシェルター名古屋で開設

2006年7月1日名古屋市で子どもセンターパオ設立総会が開かれ、理事長に多田元弁護士、副理事長に児童養護施設「暁学園」園長・菱田理氏を選任した。 今後、子どもセンターパオは、...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

ひきこもり矯正で死者“アイ・メンタルスクール事件”を受け緊急集会

ひきこもりの若者「更生」施設"アイメンタルスクール"で、東京都から連れてこられた男性(26歳)が死亡した事件(2006年4月18日/名古屋市)について、06年7月9日、名古屋...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

ニート64万人、内閣府が政策を白書にまとめる

内閣府は2006年6月27日、06年版「青少年の現状と施策」(青少年白書)を公表した。白書によると、05年の「フリーター」は201万人で、2年連続で減少した。いわゆる「ニート...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

【長田塾裁判】NHK記者が“ひきこもり少年”を強制連行

2006年7月19日名古屋地裁で長田塾裁判が開かれ、原告本人と長田百合子被告に対する尋問が行なわれた。 法廷での証拠調べはこの日で事実上終了し、次回口頭弁論期日は9月27日午...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

27万世帯に「心の健康」調査【厚労省】

自殺者が8年連続で3万人を超える状況が続くなか、国会では、2006年6月15日、自殺対策基本法が成立した。 同法は、基本施策として、職場・学校などにおける「心の健康」保持にか...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...