不登校新聞

452号 2017/2/15

その他

子どもの「自立」を支える条件とは?

著者の浜田寿美男さんは発達心理学者。大学で26年間に渡って教鞭をとり、現在は兵庫県川西市の「子どもの人権オンブズパーソン」を務めています。また少年事件や冤罪事件における自白な...

  いいね!   koguma koguma

2013年はどんな年だったか(2) 不登校の歴史vol.452

以前「大検」と呼ばれていた制度が、現在「高認(高校卒業程度認定試験)」として活用されている。毎年夏と秋に実施される高認試験に合格した者は「高校を卒業した者と同等以上の学力があ...

  いいね!   kito-shin kito-shin

とりあえず捨ててみる 森英俊

かがり火  十数年ぶりの寒波襲来を受けて、豪雪などの被害を受けた地方もあったことと思われる。  学校に通っている子どもも、インフルエンザの大流行のため自宅待機をしていたケ...

  いいね!   kito-shin kito-shin

わが家は年中鍋 編集後記

夫と私は鍋が好きだ。かれこれ数年、春夏秋冬おかまいなしに鍋ばかり食べている。  私は飽きっぽいほうなのだが、鍋だけは全然飽きない。塩、醤油、味噌、キムチ、豆乳、カレー、味のレ...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

本紙元代表理事・多田元さん(左)、奥地圭子さん(右) 2020年7月12日、当新聞社の理事会・社員総会が開催されましたが、この日、多くの理事・社員が退任・退社することになりま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

2019年10月25日、文科省初等中等教育局長・丸山洋司氏から発出された「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」は、非常に重要な通知であった。 2016年12月に公...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

かがり火

子どもが成長していくためには、いろいろな社会参加が必要となる。社会参加のうち学校生活はその縮図とも考えられるが、かならずしもそうなっていないのが現実だ。 家庭でできる社会参加...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

ひといき

コロナの影響によるテレワーク生活も早4カ月。自宅で仕事ができるのだからラクかと思いきや私はどうやら向いてなかったらしく、過眠や倦怠感、気力の低下など数年ぶりの不調が続いていま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 535号 2020/8/1

法成立後3年目 不登校の歴史vol.534

2019年6月21日、「法の施行状況の検討に係る取りまとめ」の最終有識者会議(合同会議)が開催された。 3年で見直しになるためには、この取りまとめの結果、政府やフリースクール...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 534号 2020/7/15

かがり火

どこかに通うのでなく、家を拠点に学び育っていく教育方法を「ホームエデュケーション」や「ホームスクーリング」などと表現する。もともと熱海でやる予定だった全国大会のなかで、ホーム...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 534号 2020/7/15

ひといき

つい先日まで、毎日のようにメディアからの問い合わせを受けていました。 問い合わせの趣旨は、新型コロナウイルスの影響により長引いた休校によって、子どもたちには、どんな影響が出た...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 534号 2020/7/15

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

「安否確認」も含め、子どもの気持ちや意思に反して登校催促、登校刺激が行なわれ、相談や親の会で「悩む」「つらい」という話が出るたび、法律ができても、校長の手元にある文科省の通知...

  いいね!   shiko shiko from 533号 2020/7/1

かがり火

新型コロナウイルスの感染流行に伴って、子どもたちの生活にも大きな変化が生じた。屋外で遊ぶことが少なくなり、自宅でゲームや漫画を楽しむことが多くなった。子どもにもそれぞれ学びた...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 533号 2020/7/1

ひといき

NHKの朝ドラ。私は見たり見なかったりで、どうも物語の流れがつかめないのだが。現在放送中(ただいま休止中)の「エール」は、作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)がモデルなんだとか。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 533号 2020/7/1

名古屋支局閉鎖のお知らせ

本紙、名古屋支局は本年6月末をもって閉鎖いたしました。購読のお問合せやご連絡は下記、東京編集局までお願いいたします。■東京編集局〒112-0005文京区水道2-13-12文京...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 533号 2020/7/1

「安否確認」と不登校 不登校の歴史vol.532

前号で「安否確認」にふれたついでに、虐待死を防ごうとするあまり、学校や児童相談所が「安否確認」の名目で無理に嫌がる子どもに会うことを強要した例の多発について記しておきたい。 ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 532号 2020/6/15

かがり火

新型コロナウイルス拡大防止のため出されていた緊急事態宣言が5月25日に解除され、東京も6月1日より学校が再開された。 各地の学校は、分散登校や時間短縮、はたまた検温・消毒・マ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 532号 2020/6/15

ひといき

プロレスが好きだ。2016年の夏に、たまたまある試合を見たことから急にハマり、その後ずっと「新日本プロレス」の月額課金サービスに加入して試合を見ている。 そんなプロレスのある...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 532号 2020/6/15

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

文科省が2015年に発表した実態調査によると、フリースクールなどの民間施設は全国に474カ所あり、およそ4000人が通っています。 一方で、公立のフリースクールがあることはな...

  いいね!   koguma koguma from 531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

「普通教育機会確保法」の検証のため、2018年12月17日に引き続き、政府は翌2019年3月15日、2回目の合同会議を召集した。 1回目と異なったのは、「夜間中学校設置推進・...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 531号 2020/6/1

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...