記事タイトル一覧

検証!!伝わりづらい名前

記事テーマ:当事者の声

出前を取るときやお店に予約を入れるときなど、電話で名前を伝える。しかし、子ども若者編集部の弓納持有隆くんは、そうはかんたんにいかない。電話越しで何度も何度も復唱し、復唱されたあげく、正しく覚えられることはなかった。そこで今回は、弓納持有隆くんといっしょに、名前で苦労した方のエピソードを収集し、どうしたら名前が伝わりやすくなるのか検証してみた。  名前を伝える際、漢字を付け加えると伝わりやすくなる。信組陽子さんの場合は「信用組合と書いて信組です」、宇留賀雅子さんの場合は「宇宙の宇に、留守番...

nakajima_ nakajima_

光の子どもの家自立進学基金創設

記事テーマ:ニュース

本紙256号で連載された「親・子ってなんだろう?」で登場した児童養護施設「光の子どもの家」が、大学・専門学校に進学するための基金「光の子どもの家自立進学基金」(代表・芹沢俊介)を創設した。  徹底して子どもの側に寄り添う光の子どもの家の養育方針は「隣る人」などの新しい養育理念を生み、注目を集めている。光の子どもの家では、設立から25年間、およそ100名の子がここで暮らしてきた。平均入所期間は6~7年程度だと言われている。

nakajima_ nakajima_

親インタビュー武田志保さんに聞く

記事テーマ:親の思い

今回の親インタビューは、千葉県にお住まいの武田志保さん。武田さんは5人のお子さん全員が不登校を経験している。わが子の不登校のきっかけやその後、家族でどのようにすごしてきたのか、うかがった。 ――...

nakajima_ nakajima_

隣る人「光の子どもの家」

記事テーマ:連載

今号より新コラム「隣る人」の連載を開始する。執筆者は本紙256号などでも登場した児童養護施設「光の子どもの家」のスタッフである小西剛史さん。  埼玉県にある児童養護施設で子どもたちとの生活を始...

nakajima_ nakajima_

高岡健講演会

記事テーマ:識者の指摘

去る12月19日、松江市市民活動センターにおいて、NPO法人YCスタジオ主催により、児童精神科医の高岡健さんの講演会が開かれ、雪の中、70名近い参加者がありました。以下、講演内容の要約を報告しま...

nakajima_ nakajima_

不登校の歴史 第282回

記事テーマ:連載

2010年の幕が明けたが、民主党が政権交代した今、不登校政策はどう変わるのだろうか。いや、変えていけるのだろうか。  登校拒否・不登校の子どもたちが日本で認識され始めて約50年、国の政策として...

nakajima_ nakajima_

書評『政権交代論』

記事テーマ:書評・映画評

本書の発行は2009年3月なので、まさに「予言の書」だが、政権交代後の課題についての「預言の書」でもある。短期間の細川・羽田政権をのぞけばあまりに長く自民党政治が続き、それが「自明」のこととして...

nakajima_ nakajima_

書評『ヒナタ文学4』

記事テーマ:書評・映画評

私は、広島県の大崎上島で、島の詩人として活動しています。大崎上島でのおもな活動は、私が自費で制作している文学冊子の発刊です。現在、シリーズ4まで発刊しました。私一人で、作品づくり、編集、構成、取...

nakajima_ nakajima_

書評『私の旧約聖書』

記事テーマ:書評・映画評

ゼッペキという「自分の微妙な特徴」ゆえに、「はずれ者」としての自覚を抱いて生き続けた著者、色川武大。本書は、彼の人生観や社会との関わり方が、旧約聖書との対話の中で語られてゆくユニークな著作です。

nakajima_ nakajima_

ひといき

記事テーマ:ひといき

前号の00年代のおもなニュースをまとめる際、かなり大ざっぱだが、夏休み~9月1日前後の事件を個人的にまとめてみた。もちろん、報道がベースなので、拾い切れていないものもある。  過去10年、夏休...

nakajima_ nakajima_

かがり火

記事テーマ:連載

正月には新春を祝う植物を飾る習慣がある。福寿草もまた特別に華やかな色彩を放つ「芽出たい花」とされている。日本では江戸時代から園芸種として改良されてきた。  福寿草は本来落葉樹林下の植物で、春3...

nakajima_ nakajima_

バックナンバー(もっと見る)

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...

460号 2017/6/15

現在17歳の息子は、中学3年生の夏休み明けから学校に行けなくなりました。