不登校新聞

459号 2017/6/1

親の思い (他の号の記事)

声「親としてできること」

先日、不登校数が増えたという新聞記事があった。  わが家の不登校生は病欠扱いとされている。数字と実態は合っているのだろうか。  不登校では数ばかり取りざたされ、子どもたち...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 226号2007.9.15

声「柔軟な親でいたい」

今年、登校拒否を考える全国ネットワークの夏合宿に初めての参加しました。楽しかったです。合宿でみなさんに、お会いできてホントうれしかったです。  合宿に参加して感じたことは、...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 226号2007.9.15

第7回 火の粉はふり払わねば【上】

連載「家庭内暴力」  息子が学校に行かなくなったのは、中学2年の1学期末からだった。  なにか不安そうで、おびえているふうだった。あどでわかったことだが、ちょっとしたいじ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 227号(2007.10.1)

声「死刑は必要?」

高岡健さんの、殺人被害者のご家族についての洞察を、ふむふむ…そうなのか…と、うなずきながら読んでおります。  10年ほど前ですが、次女が一晩、行方不明になったことがありまし...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 227号(2007.10.1)

第7回 火の粉はふり払わねば【下】

連載「家庭内暴力」  家庭内暴力は、強迫神経症の一つだと思う。  だから、暴力だけでなくそれに付随して、パンドラの箱から飛び出してくるさまざまな人間悪のように、いろいと神...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 228号2007.10.15

わが家の場合「父が夫になって父になる?」

娘の花子(17歳)が高校に行けなくなって、まもなく1年半になります。ここ4カ月ほどは、まったく外出ができなくなり、現在は、昼夜逆転、テレビと新聞と、手洗い・からだ洗いで、元気...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 228号2007.10.15

声「うちは6人兄弟」

わが家には8歳から22歳まで6人の子どもたちがいます。母親として、社会に対して言うことはたくさんあるべきなのでしょうが、無責任に6人も生んじゃって、その場しのぎのチャランポラ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 228号2007.10.15

第8回 親の会は山登り【下】

連載「家庭内暴力」  ぼくにとって遠藤豊吉先生が父親なら、奥地さんが主宰する「東京シューレ」と親の会の全国ネット、そして自分が世話人となっている福井の親の会、そこに招いた多...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 229号 2007.11.1

声「農業という居場所」

登校拒否を考える夏の合宿で、「引きこもり・ニート」のテーマ別文科会にでたときの話を少し。引きこもり・ニートの一面は、受け入れ側社会の雇用問題・仕事問題でもあるということ、もっ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 229号 2007.11.1

声「一歩、踏み出して」

私の娘は、さまざまな経緯を経て、秋より通信制高校に通い始めました。

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 231号(2007.12.1)

Q&A「高認失敗から自己否定」

Q.19歳になった息子が2度目の高卒認定試験を受けましたが、落ちてしまいました。自己否定感が強く、こちらが何を言っても、子どもは「どうせ、オレはダメなんだ!」と強く怒鳴るよう...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 234号(2008.1.15)

わが家の場合「こんな学校、ありえない?!」

「こんな学校あるわけない!」。2人の娘がこう叫んだのが1年と少し前。学校法人格取得の情報が掲載されている東京シューレのホームページを見ていたときだった。  傍らにいた娘たち...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 235号(2008.2.1)

声「息子の成人式」

うちの息子は今年成人式。生まれたのは1988年ソウル五輪開催年と覚えています。中学2年の始業式の翌日から中学校へ行かなくなり、ずっと家にいてもう7年経ちました。  市から成...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 235号(2008.2.1)

娘に教わる家族のイロハ

昨年の11月から12月にかけて、ここ北カリフォルニアのおしゃれな街で、私は絵画とガラスのアーティストの2人と展覧会をしていた。タピストリーを織ることが自分の大好きな仕事である...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 237号(2008.3.1)

わが家の場合「多様な価値観を見つける」

子どもの不登校から見つけたもの。学校から解放されて明るくなった娘。  その後の昼夜逆転、葛藤の日々で太った娘。東京シューレに居る理由を見つけて、さらに明るくそしてシェイプア...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 237号(2008.3.1)

声「進学と発達障害」

卒業、進学の季節ですね。親の会のメンバーからも進学先が決まったと連絡が届きます。それぞれの思いを胸に4月からの新生活を迎えられることでしょう。  近ごろ「親の会」でずっと続...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 239号(2008.4.1)

わが家の場合「後悔しない人生を」

わが家は、息子2人の4人家族です。不登校だった次男も現在、23歳です。  幼稚園に通い始めたころから集団がきらいで、誰とでも遊べる子ではなかったので、「将来は不登校になるん...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 240号 2008.4.15

声「ひきこもり地球にやさしい節約家」

不登校新聞ができて、もう10年。このあいだに、わが家の子どもたち(4人とも不登校)も大人になりました。  「学校に行かない人間は、麻薬中毒患者になり、廃人になる!」と、夜に...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 240号 2008.4.15

声「常識的な予言に…」

238号6面の『若者と仕事』にて、人としての"本業”を思い出させて下さった、PNつちさん。ありがとうございます。この記事を壁に貼って、毎日読み上げたいです。  なるほど、不...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 240号 2008.4.15

声「続、幸せな時間」

10年前、『現在、わが家には3歳から13歳まで5人の子どもがいます。』で、はじまる拙文を、生まれたばかりの不登校新聞『わが家の場合』の欄に載せてもらいました。  当時、学校...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 242号(2008.5.15)

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...