不登校新聞

459号 2017/6/1

その他 (他の号の記事)

子どもの頼りになる場所は【子どもの権利条約】

自分の権利を侵害されたとき、どんなところが助けてくれるのでしょうか。 子どもの権利条約第39条は、子どもは、虐待や体罰などの被害にあった場合、ショックを受けた心と体を回復して...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

ゼロトレランス指導に違和感

いろいろな新聞でゼロトレランスの記事を読みました。私はアメリカで効果があったからといって、日本の教育と根本的にちがうのに、という気がします。 アメリカでは個の主張がしっかりで...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

シンガーソングライターが見つけた喜び

自殺やいじめを唄うシンガーソングライター・モリサオリさん。モリさんに、これまでの経緯や歌への思いをうかがった。 * * * モリさんが音楽をはじめるきっかけは、中学校のころの...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

ザ・コーポレーション【映画評】

村上ファンド事件にライブドア事件、シンドラー社のエレベーター事故、耐震強度問題などなど、最近のニュースは企業の「不祥事」に事欠かない。 わが家では、5歳の息子までが「アメリカ...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

地上げ屋がタイで出家した理由

今回、取材したのは、上座部仏教の僧・藤川チンナワンソ清弘さん。ひたすらに「金」を追い求めてきた人生から一転、タイの僧侶になったという不思議な経緯などをうかがった。 * * *...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

奄美大島登校拒否追放運動 不登校の歴史vol.197

鹿児島県奄美大島にある宇検村は1992年当時、戸数1087戸、人口2542人、集落数14の村だったが、そのうちの一つ久志集落で、登校拒否追放運動が起こったのだった。久志は、人...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

フィンランドと日本の教育のちがい

夏至を過ぎると北欧諸国では白夜の季節になる。ムーミン童話を生んだフィンランドでも「夏祭り」が始まっているころだ。 フィンランドは経済協力開発機構の国際学力テストで2年連続世界...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

ひといき

お米の話のつづき(前々号より)。お昼ご飯には、おにぎりを持っていっている。 毎朝、ご飯を握っていると、なんだか手を通して元気をもらっている気がする。というか、おむすびと何かや...

  いいね!   shiko shiko from 197号(2006.7.1)

長年の不登校活動で「毎日社会顕彰」受賞

このたび、毎日新聞社社会事業団より「毎日社会福祉顕彰」を受けることになり、10月31日、その贈呈式が行なわれた。 1年に3者選ばれるが、今年は47団体の推薦から「在日外国人教...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

立法チームでの議論 不登校の歴史vol.494

2015年7月9日「多様な教育機会確保法(仮)」の立法チームの第4回勉強会が開かれ、フリースクールや夜間中学の関係者4人のヒアリングが初めて行なわれた。(前号より紹介) 勉強...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

音楽を聴き倒したいので聴き放題【編集後記】

最近、男性キャラ12人がラップバトルをする「ヒプノシスマイク」にハマった。 これについてはいくらでも語れるが、いまいち共感されないと思うので別の話を。「ヒプマイ」の曲を安く聴...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

各地で進む子どもの権利条例づくり【子どもの権利条約】

Child Friendly Cities(以下CFC)が世界的に広がりつつあります。CFCは、ユニセフが中心になって進めている、子どもの権利を保障した子どもにやさしいまちづ...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

水の汚染は自分たちの汚染【小ネタ】

8月1日は「水の日」で、7日までの1週間は「水の週間」だそうだ。どうやら国土交通省が定めたようだが、きっと梅雨が明けて夏本番、節水を呼びかけるためのキャンペーンだろう。 日本...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

なぜ土用の丑の日にウナギを食べる?【小ネタ】

土用の丑の日といえば、ウナギを食べる習慣があります。なぜ、ウナギを食べるのでしょうか。 そもそも、土用とは中国で考え出された「陰陽五行」にもとづいた期間のこと。各季節の終わり...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

「いじめの構造」不登校の歴史vol.198

奄美大島で起きた登校拒否追放運動。子どもと家庭を島から追い出そうとするこの運動が起きたのは「たんに登校拒否だから」というだけの理由ではなく、事情は複雑であった。いわば、島の人...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

かがり火

虐待は防ぎたい。しかし、このことが不登校の子どもとその家庭に深刻な影響を与えている状況もある。教師やスクールカウンセラーなどが家庭訪問する際、虐待ではないか確かめるため、直接...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

ひといき

家に帰ると電気が消えていて、一人で食事をとる生活は「さびしいでしょ」と人に言われる。 とんでもない! 私は、冬には鍋パーティー(一人参加)、GWには餃子パーティー(一人参加)...

  いいね!   shiko shiko from 198号(2006.7.15)

世界フリースクール大会、シドニーで開催

毎年、開催されているデモクラティックエデュケーションの世界大会、IDEC(International Democratic EducationConference)は、200...

  いいね!   shiko shiko from 199号(2006.8.1)

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...