記事タイトル一覧

ベーシック・インカム 第14回

記事テーマ:連載

ベーシック・インカムが実現したら、われわれの社会に大変化が起こってくるでしょう。働き方に大変化が起こります。考えてみてください、「クビにされても怖くない」社会がやってくるのです。  あんまりひ...

kito-shin kito-shin

晴れた昼間は電車を見に行こう

記事テーマ:当事者の声

僕は中2のころ、不登校をしました。当初、一人で外に出かけるのはすごくドキドキしました。たとえば偶然、「学校の友だちと会ってしまい、もしなにか言われたらどうしよう」、警察に「きみ、学校は?」と聞か...

kito-shin kito-shin

いじめの人権侵犯事件1.5倍

記事テーマ:ニュース

法務省は3月11日、2010年における「人権侵犯事件」の状況概要を発表した。それによると、「学校におけるいじめに関する人権侵犯事件」として同省の人権擁護機関が新たに救済手続きを開始した件数が27...

kito-shin kito-shin

声「全人間的な立場に」

記事テーマ:識者の指摘

私はある資格試験を受けるための勉強中、目にとまり、何度も読み返した一文があります。それはリハビリテーションに関する問題のなかのものですが、ご紹介したいと思います。  「人間は生来、尊厳、権利、...

kito-shin kito-shin

声「居場所ってなんだろ」

記事テーマ:当事者の声

居場所とはなんだろう。自分のいる場所だろうか。たとえば、学生にとっては学校が居場所なんだろうか。でも、学校にはさまざまな問題がある。いじめ、先輩後輩の上下関係、教師の質、学校の設備そのものetc...

kito-shin kito-shin

声「こもり日の運転免許」

記事テーマ:当事者の声

ずっと前から免許が取れたら祖父(88歳)のローレル(1986年購入)に乗りたいと思っていました。いまは家にずーっといるので思い切って免許を取ることにしました。  まず学校探しから始めました。近...

kito-shin kito-shin

不登校きほんのき「不登校と虐待問題」

記事テーマ:連載

◎連載「不登校きほんのき」第8回  前回は義務教育についてお話しました。近年、家庭で不登校の子どもを受けいれていると、ネグレクト(養育放棄)の虐待という疑いの目で見られたり、校長が児童相談所に...

kito-shin kito-shin

居場所発の自立援助ホーム創設へ

記事テーマ:識者の指摘

なぜ居場所発の自立援助ホームが必要なのか――。この問いへの答えは、私たちの21年の活動の自然な流れです、というほかありません。家庭で十分支えてもらうことが難しい状況にある子どもが不登校をきっかけ...

kito-shin kito-shin

不登校の歴史 第313回

記事テーマ:連載

2004年は、社会的にさまざまなかたちで登校圧力がかかった年だったが、2005年は不登校にとって、どんな年だったのだろうか。  登校拒否を考える全国ネットワークは創設から15周年を迎え、夏の全...

kito-shin kito-shin

かがり火

記事テーマ:連載

何といっても多くの人が不安に思っているのは、福島原発がいまだに収束の見通しがついていないことだろう。内部には、やっとロボットが入ったところだが、まだまだ予断を許さない。そして空にも大地にも海にも...

kito-shin kito-shin

ひといき

記事テーマ:ひといき

日常が壊れてしまうということ。その底知れぬ怖さ。壊れてしまって、元には戻らないものもある。その裂け目から吹き上げてくる何かが、私たちを見透かしている気がする……。

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

457号 2017/5/1

「3学期になったらちゃんと行く」「中学に入ったらちゃんと行くから」そう家族...

456号 2017/4/15

心のなかにある「行ってくれたらいいな」という気持ちはなかなか消えないんです...

455号 2017/4/1

最初の薬は飲むと手がしびれてきて首が絞められているような感じさえありました...