不登校新聞

468号 2017/10/15

その他

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

「床屋であれこれ聞かれるのが怖い」。不登校の子どもからよく聞く話だ。かくいう私も、話しかけてくる床屋や美容院が苦手で、何度も店を変えた経験がある。 自分に合った床屋・美容院を...

  いいね!   kito-shin kito-shin

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.3  僕は、現在18歳で、「今の今がどん底」という感覚のなかで生きています。強迫性障害、発達障害などの特性から、延々と考えてしま...

  いいね!   kito-shin kito-shin

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

「ひきこもり女子会」に関する書籍がこのたび、発売されました。おもな内容は①「ひきこもり女子会」参加者の寄稿やマンガエッセイ、②「ひきこもり女子会」に関するおもな質問、③「ひき...

  いいね!   koguma koguma

矛盾を感じた不登校フォーラム 不登校の歴史vol.468

2014年秋、学校以外の多様な学びについて認め、応援していこうという国の動きが見えるなか、不登校政策についてはどういう変化がもたらされるのか、興味深いところだった。 11月2...

  いいね!   kito-shin kito-shin

学習指導要領が縛るもの

私は、かねがね、日本の教育のまちがいの一つは、国が決めたカリキュラム一本で日本中の学校がやっていかねばならないようになっているということがあると思ってきた。  その名を「学...

  いいね!   kito-shin kito-shin

ひといき

先日、おしゃべりした方が、「学校って共同幻想だと思うんですよね」と言っておられた。まあ、その通りだと思う。 でも、フリースクールなどもまた、共同幻想にちがいなく、学校だけが幻...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

2017年2月、約2年に渡り開催されてきた文科省「フリースクール等検討会議」も最終報告を取りまとめ、会議を終了した。 この会議は、①フリースクール等での学習に関する制度上の位...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

文科省が全国約300人の弁護士資格をもつ「スクールロイヤー」を配置する方針を出したことが公表された。教育事務所などに弁護士を配置し、市町村教育委員会から学校現場でのいじめや虐...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 516号 2019/10/15

ひといき

消費税が10%になりました。「キャッシュレスで5%還元」と書かれたポスターなどをよく目にします。 スマホでピピッと買い物することで、現金を持ち歩く必要もなく、レジの前で小銭を...

  いいね!   koguma koguma from 516号 2019/10/15

基本指針 不登校の歴史vol.515

暮れに成立した教育機会確保法。これがどのように子どもの状況をよくしていくか。また、目指しながら入らなかった法の不十分な点を、3年で見直しの附則を頼りに、どう変えていけるか。新...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 515号 2019/10/1

かがり火

東京シューレでは学期に1回、東京シューレ葛飾中学校を会場に全スペースの希望者が集って、スポーツ交流会をやっている。 丸1日使って、グラウンド、体育館はもちろん、卓球のできる「...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 515号 2019/10/1

ひといき

今号のひきこもり当事者・さとう学さんの話には驚かれた方も多いと思います。 ひきこもりながらも出馬したのなら「ひきこもりではない」と言う人もいるでしょうし、選挙期間中は、ほぼ活...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 515号 2019/10/1

ひきこもりUXが「自助会の作り方講座」全国キャラバンへ

2019年2月に行なわれた「UX CAMP」ようす ひきこもりUX DAY CAMP全国キャラバン 「ひきこもり女子会」をはじめ、ひきこもり当事者や経験者の居場所づくりに取り...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

「子ども若者編集部」とは、不登校・ひきこもりの当事者・経験者でつくる編集部のこと。インタビュー企画や、本紙5面の企画をつくっています。 編集部メンバーは毎月1回集まり、編集会...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

不登校・ひきこもりイベント情報

9月中旬以降のイベント9月21日(土)/東京都千代田区■ほっとサロン「シングルマザー・グループ相談会in主婦会館プラザエフ」会 場 主婦会館プラザエフ時 間 14時~16時参...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

法は成立、次はどうなる? 不登校の歴史Vol.514

2016年12月6日、「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」が成立した。 市民発の法律づくりで、初めはフリースクール等学校外の学びを正式に...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

佐賀のバルーンフェスはすばらしい

大雨の被害見舞いと孫の誕生祝を兼ねて佐賀まで行ってきた。テレビの生中継で見た佐賀駅の構内の浸水もすっかり片付けられていた。 それでも佐賀市内の美術館や博物館の出入り口浸水によ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

60年代の東京五輪と私の意外な接点

2020年の東京オリンピックまで、あと1年を切った。 東京オリンピックといえば、1964年大会ではじめて正式種目となった柔道のコーチにあたっていたのが、本紙の多田理事の恩師で...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

教育機会確保法、成立 不登校の歴史Vol.513

前号で、教育機会確保法の審議が半年ぶりに国会で再開され、付帯決議が提案された、2016年11月18日の衆議員文部科学委員会について紹介した。 その際「この付帯決議とともに、賛...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 513号 2019/9/1

かがり火

奥地圭子代表理事の『明るい不登校・創造性は「学校」外でひらく』(NHK出版新書)が8月に出版された。 その本の表題に掲げられた「創造性」とは、06年改正の教育基本法2条(教育...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 513号 2019/9/1

ひといき

9月1日は私の誕生日だ。 始業式の日であり、 友だちに忘れられることもなく新学期の開始と同時に「おめでとう」と言ってもらってきた。当時は今よりも少しのどかな時代だったような気...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 513号 2019/9/1

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

「教育機会確保法」は2016年5月、審議未了のまま通常国会が終了した。その後、どうなったのか。 秋には、臨時国会が開催される。私たちは、早く審議を再開してほしい、との気持ちか...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 512号 2019/8/15

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...