記事タイトル一覧

絵本作家・土田義晴さんに聞く

記事テーマ:識者の指摘

絵本「きいろいばけつ」「おとうさんといっしょ」などで知られる絵本作家の土田義晴さん。30年間、家族を描き続けている土田さんは、「家族」「子ども」をどう捉えてるのだろうか。子ども若者編集部がインタビュ…

kito-shin kito-shin

芹沢俊介さんに聞く(下)

記事テーマ:連載

~メンヘル時代の居場所論~ 自己を再構築するには… 評論家・芹沢俊介さんのインタビューの最終稿を掲載する。 ――個人化というのは、いい面もあるように思いますが?もちろん、そうですね。…

kito-shin kito-shin

取材後記「特別な思いがいっぱい」

記事テーマ:当事者の声

絵本『おとうさんといっしょ』が大好きで、絵本作家・画家の土田義晴さんにインタビューを申し込みました。土田さんの絵本を読むと、幼いころわくわくした気持ちや感動、それが大きくなった今でも尊重してもらえる…

kito-shin kito-shin

取材後記「初めてだらけで緊張」

記事テーマ:当事者の声

じつは私が土田義晴さんを知ったのは編集会議です。それまで編集会議に出たことがなく、この日が初参加。緊張しましたが、ちっちゃいころから絵本が好きで、いろいろある企画のなかから土田義晴さんの企画に参加し…

kito-shin kito-shin

不登校きほんのき「本人の納得を優先して」

記事テーマ:連載

◎連載「不登校きほんのき」第13回 不登校になった子どもが、学校復帰などの催促のため、家庭で安心できない状況に置かれると、自責の念から自己否定したり、自己規制することで、自分を守ろうとする防衛…

kito-shin kito-shin

子どもと育つ10の質問 第3回

記事テーマ:連載

お友だちって、何人いたら、安心!? 今年の夏も暑そうですね。いかがおすごしですか。さて、今日の質問は「子どもの友だち、何人いると、親のあなたは安心?」です。子育て支援の現場にいると、0歳から成…

kito-shin kito-shin

不登校の歴史 第318回

記事テーマ:連載

文科省からのNPO支援 2005年は行政施策の各所に規制緩和の流れがあり、大検から高認へ、ITの利用による出席扱いについてなどの変化が見られ、これらについては前回までに紹介した。不登校に直…

kito-shin kito-shin

かがり火

記事テーマ:連載

昨年に続く猛暑と、電力不足に伴う節電による厳しい日常生活が続いている。被災地の人たちは、さらに深刻な状況ではないかと推測する。 大震災と原発事故以来、人間の生活に必要な電力と、そうでない電力に…

kito-shin kito-shin

ひといき

記事テーマ:ひといき

私事で恐縮だが、この度、入籍した。育ってきた環境がちがうと、いろいろとたいへんなことも多い。「コレってウチだけ?」ということに、たびたび直面するからだ。

kito-shin kito-shin

終わらない自殺者3万人時代 市民で集い考える会を

記事テーマ:集会情報

8月9日、岐阜県にて、講演会「『生き心地のよい社会』へ~今、私たちにできること~」が開催される。 安心な生活…何ができるか日本の自殺者は13年連続で年間3万人を超えている。毎日100人近い人たちが自殺で亡くなっている計算になる。とくに今年5月の自殺者は3329人(暫定数・警察庁まとめ)と発表された。昨年同月に比べ、2割も増えている。急激な増加について内閣府では「東日本大震災による生活環境や経済状況の変化が影響しているのではないか」として、震災後の自殺者の性別・年代・出身地など、警察庁の統計を…

kito-shin kito-shin

福島の親子に夏キャンプを

記事テーマ:集会情報

7月30日~8月11日、兵庫県にて、「明石で遊ぼう! たこ焼きキャンプ」が開催される。今回の企画のため、「福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト」が発足。代表はオルタナティブスクール「ラミ中学校」の元スタッフで、現在は「スロースペース・ラミ」の主催者である小野洋さんが務めている。 福島の子どもに安心できる遊びを 3月11日の東日本大震災にともなう原発事故の影響で、福島県では多くの子どもたちが屋外での活動を制限されている状況がある。今回はその子どもたちに「夏休みのひとときでも、放射能汚染…

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…