記事タイトル一覧

NPOへの寄付、税金控除に

記事テーマ:ニュース

NPO税制改正法案成立NPOへの寄付、税金控除に 市民活動活性化へ期待  6月に税制改正法と改正NPO法が成立したことを受けて、NPO団体への寄付制度のしくみが大きく変わった。寄付にともなう...

kito-shin kito-shin

介護マンガがおもしろい

記事テーマ:当事者の声

~子ども若者編集部企画~  まず私がマンガ『ヘルプマン!』というマンガと出会うところからお話ししましょう。  あれはいつもと変わらない日のこと。なにかヒマをつぶせるものはないかと思い、マン...

kito-shin kito-shin

親の学校信仰の不思議

記事テーマ:識者の指摘

寄稿 親の学校信仰の不思議(PNトラウトマン・静岡)  私は不登校・ひきこもりの当事者として親の会にずっと参加してきたが、不思議に思っていたことがある。  それは「なぜ、親(大人)は学校から離...

kito-shin kito-shin

メンヘル時代の居場所論 最終回

記事テーマ:連載

生きづらさをメディアに オルタナティブな社会性へ  この連載は、私自身、居場所に関わりながら困難にぶつかるなかで、なんとか道筋を見出したいと、いろんな方にお話をうかがうことで始まった。大ざっぱ...

kito-shin kito-shin

不登校きほんのき「摂食障害」

記事テーマ:連載

◎連載「不登校きほんのき」第14回  学校や社会の規範を求めるストレスから、ありのままの自分を受けいれてもらえない状況が続くと、食事をとらない拒食や、食べては吐くという過食をくり返すことがあり...

kito-shin kito-shin

子どもと育つ10の質問 第4回

記事テーマ:連載

子どもって何歳の子どものこと?  子育て講演会やら子育て雑誌、本には「子どもというのは、本来……」や「子どもには、こういう言葉かけをしましょう!」や「子どもに選択させましょう」など、た...

kito-shin kito-shin

不登校の歴史 第319回

記事テーマ:連載

初の高校生不登校調査  2005年は不登校に関する新しい調査が発表され始めた年でもあった。それは高校生の不登校の実態調査である。  それまで文科省は1966年以来、長い期間、毎年、...

kito-shin kito-shin

かがり火

記事テーマ:連載

制度や仕組みに目を向けることは、とても大事なことだと思ってきた。いやなこと、困ること、おかしいと思うこと、それらがどこから来るのかを考えると、制度や仕組みから来ることが多い。  それがわかった...

kito-shin kito-shin

ひといき

記事テーマ:ひといき

低血圧のせいか、低気圧に弱い。先日の台風の際など、ぐうっと身体が重たくなって、どよんどよんに淀んでしまった。何もやる気がしない、だるい、頭がぼうっとする。ひどいときは、夜も寝られない。このごろは...

kito-shin kito-shin

親の会情報

記事テーマ:集会情報

第1金曜日(5日)■めだかの会(富田林の親の会)(大阪)連絡先 0721-25-5132(中尾) 第1土曜日(6日)■京都・学校に行かない子と親の会(京都)連絡先075-812-7703(高橋)※子どもたちの出会いの会も同時開催■かめの会例会(山口)連絡先 080-6306-3640(井上) 第2月曜日(8日)■ほっとタイム(親の会in藤井寺)(大阪)連絡先 072-938-7141(里中・夜) 第2火曜日(9日)■宝塚不登校の会「サポート」(兵庫)連絡先 0797-86-5001...

kito-shin kito-shin

information

記事テーマ:集会情報

3日(水)■「活動家一丁あがり!」講座特別シンポジウム ~被災地から4つの「声」を聴き取る~会 場 岩波セミナールーム(東京)時 間 午後7時~午後9時講 師 鈴木新さん(会津グリーンネットワーク    専務)、西山千嘉子さん(川内村村議会議員)など参加費 500円主 催 「活動家一丁あがり!実行委員会」、    アジア太平洋資料センター(PARC)連絡先 03-5209-3450 ■イラク戦争を考える連続講座「玉本英子さん の映像で見るイラク・バグダッドの今」会 場 世田谷区立烏山区民...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...

460号 2017/6/15

現在17歳の息子は、中学3年生の夏休み明けから学校に行けなくなりました。