記事タイトル一覧

揺らいでいい 玄侑宗久

記事テーマ:識者の指摘

在宅不登校の家庭をつなぐ「ホームシューレ」と不登校・ひきこもり当事者の「子ども若者編集部」のコラボ企画が実現した。福島県・福聚寺住職/芥川賞作家の玄侑宗久さん。インタビューは不登校・ひきこもり経...

kito-shin kito-shin

アルバイトを強引に辞める方法

記事テーマ:当事者の声

前々号の「バイトを穏便に辞める方法」を読みました。私の場合は「バイトを強引に辞める方法」も必要だなと思っています。  私は「バイトを辞めたい」と切り出して、バイト先から引き留められるとOKして...

kito-shin kito-shin

声「玄有さんを取材して」

記事テーマ:親の思い

震災前の1月、それまで仏教の勉強を細々としていた私は「諸行無常を和語で言うと『なりゆきを生きる』」という玄侑宗久さん言葉に、まるで大河のなかで全身を包まれるような気持ちになりました。夢中で玄侑さ...

kito-shin kito-shin

不登校12万125人に

記事テーマ:ニュース

統計開始以来、初めて高校生不登校増  2月6日、文科省は学校基本調査、児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査(確定版)を発表した。震災の影響で昨年夏に発表されたデータには東北三県の...

kito-shin kito-shin

震災支援私たちにできること 最終回

記事テーマ:連載

まもなく、3・11を迎える。あれから1年たつのだ。月日は、人の心に関係なく、容赦なくすぎる。  東日本大震災は、岩手・宮城・福島三県にかぎったことではない。日本中に影響を与えたし、世界的な問題...

kito-shin kito-shin

不登校の歴史 第333回

記事テーマ:連載

フリースクールは、長年、卒業資格や公的資金にかぎらず、小中学生の通学定期券以外はすべて枠の外だった。  通学割引は、中卒以上には適用されない。親がリストラにあい、フリースクールの費用が払えない...

kito-shin kito-shin

ワンフェス2012を突撃取材!!

記事テーマ:当事者の声

2月12日、子ども若者編集部4人で幕張メッセで開催された日本最大規模の造形系同人即売会「ワンダーフェスティバル2012冬」に行ってきました。  ワンダーフェスティバル(以下ワンフェス)とは、造...

kito-shin kito-shin

つながるオルタナティブ北海道 第8回

記事テーマ:連載

スクールさぽーとネットワーク 酒田浩之  「スクールさぽーとネットワーク」の設立は2006年です。通信制高校のサポート活動、居場所の活動、学習サポート活動、子どもたちのメンタルケア活動、が一つ...

kito-shin kito-shin

かがり火

記事テーマ:連載

生きている、ということは、つねに死と隣り合わせなのだ、ということなのだ。人類が誕生して以来、その緊張のなかで、生きている喜びやありがたさもまた実感がともなうものだったろう。 3・11は、現代社...

kito-shin kito-shin

ひといき

記事テーマ:ひといき

ず~っと気になっていたことがある。野菜や果物のラベルをよく見てみると品種名が書かれている。トマトの「桃太郎」、りんごの「ジョナゴールド」……。日夜、品種改良が続けられている世界だ。品種名が必要な...

shiko shiko

シンポジウム「子ども視点で捉えなおす復興 子どもに優しい町づくり」

記事テーマ:集会情報

3月11日、東京・文京区にて、東日本大震災復興支援連続シンポジウム「子どもの参画による、こどもにやさしいまちの再生をめざして」が開催される。主催団体であるこども環境学会は東日本大震災からの復興にあたって、子どもたちの参画による町づくりの実現を目的に「子どもが元気に育つ復興まちづくりガイドライン」の策定を目指し、子どもの視点に立った被災地の復興を推進する事業を実施している。その一環として行なわれる今回のシンポジウムでは、仙田満さん(放送大学教授)、汐見稔幸さん(白梅学園大学学長)らによる基調...

kito-shin kito-shin

infomation

記事テーマ:集会情報

2日(金)■「フリースクール札幌自由が丘学園シリーズフォーラム」会 場 「かでる2・7」710号室(北海道札幌市)時 間 午後6時30分~8時30分講 師 亀貝一義さん(札幌自由が丘学園理事長)、奥地圭子さん(東京シューレ理事長)参加費 500円(定員80名)主 催 フリースクール札幌自由が丘学園連絡先 011-743-1267 3日(土)■講演会「子どもと放射能の基礎知識」会 場 神奈川県社会福祉会館(神奈川)時 間 午後1時~講 師 黒部信一さん(「未来の福島こども基金」代表)参加...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...