不登校新聞

489号 2018/9/1

当事者の声 (他の号の記事)

家を休める場にしてほしい 4年間ひきこもって見えたこと

「自分のことは理解されない」と思い、ひきこもっていた時期が4年間あります。  原因はおもに人間関係でした。友人や同級生から「死ね」「来るな」などと言われ、自分の行動はいつもお...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 433号 2016/5/1

当事者手記 人と話したくてたまらなかった

今回の執筆者はPNなかたしょうたろうさん。ひきこもっているさなか、誰かと気軽に話せるところがないか探したところ、ある場所にたどり着いたという。  部屋に一人でいてもさみしい...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 433号 2016/5/1

当事者手記 フラッシュバックで働けず、今でも無念です

僕は22歳のときに、通っていたフリースクールのプログラムで職業体験をしました。ハウスクリーニングの会社でした。会社の人は僕にやさしく作業を教えてくれました。僕自身も、「ここで...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 433号 2016/5/1

集団も就活も苦手な僕の進路~不登校その後

不登校経験者に不登校のきっかけから、今にいたるまでのお話を聞くシリーズ「不登校その後」。今回は小幡徹さん。現在は地域福祉サービス事業所に勤務し、障がいを持つ子どもたちと向き合...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 432号 2016/4/15

“僕はカスだ”とメモに残した理由 当事者講演録

2016年3月27日、シューレ大学(※)にて、シンポジウム「自己否定感と向き合って」(主催・登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク)が開催された。登壇者のなかから、不登校経...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 432号 2016/4/15

【公開】いじめ、不登校を経験、生きる意味を知りたくて

(写真)2015年、子ども若者編集部の活動発表にて  中学2年生のころから「私が生きている意味って何だろう」と思っていました。学校では、毎日のように私の靴には給食の残飯か、...

  いいね!   shiko shiko from 431号 2016/4/1

当事者手記 高2で不登校、なんとか生きてみようと私が思うまで

写真 林恭子さん(左)とお連れ合いの稲垣篤哉さん(右)  私は高校2年で不登校になりました。中退後、大検、通信制高校を経て大学に入学するも通えずに再び中退。心身の不調を抱え...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 430号 2016/3/15

私と親との関係、一番うれしかったことと一番イヤだったこと

こんにちは。私は中学2年生から不登校になって、今は28歳になります。今回は私が不登校していたときに感じた、親にされて苦しかったことや、うれしかったことをランキング形式で紹介し...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 428号 2016/2/15

ひきこもり時給2000円 スーツを着て働く生き方に思う

連載「ひきこもり時給2000円」vol.22  先日、母に言われた言葉がある。「あの日、面接に行く圭太の背中が、小さく見えたんだよね」。「あの日」とは、もう19年も前。僕が...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 428号 2016/2/15

経験者が語る 子どもが動くときに必要なこと、不必要なこと

私は高校入学直後から不登校になり、そのままひきこもるようになりました。家からほとんど出ない生活が5年続きました。  その後、民間の居場所を活用するようになり、しだいにアルバイ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 426号 2016/1/15

中学3年生手記  私の不登校~いじめ、別室登校、人間関係

私は学校に行く、行かないということを3度くり返しました。  最初は中学1年の夏です。中学に入ってから、いじめにあっていました。小学校3年生のころ、ときどき受けていたいじめと、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 426号 2016/1/15

「ここでは自分が許される」本紙を支える当事者たちの思いは

活動発表会のようす  2015年12月20日、本紙「子ども若者編集部」の活動発表会が東京シューレ王子にて開催され、49名の参加があった。そのなかで、「私が編集部に来る理由」...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 426号 2016/1/15

当事者手記 私の支えになった父の一言は…

中学1年生のとき、いじめで不登校になりました。  私がある日、「生徒会をやってみたいな」と口にしたとき、女子生徒から「お前が生徒会になれるわけないじゃん」と言われました。以降...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 424号 2015/12/15

10代当事者手記 「ひきこもり移送屋」に突然、運ばれ13カ月入院

朝、起きたら見知らぬおじさんとおばさんが自宅にいた。母が連れてきたのは、民間の「ひきこもり移送屋」らしい。そのおじさんたちに「病院へ行く」と言われ、無理やりワゴン車に乗せられ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 424号 2015/12/15

当事者手記 “不登校でよかった”とは言えないけれど

輝かしい時代だと言われる10代をふり返ってみれば、私の過去なんてクレーターみたいだった。8歳から五月雨通学になったせいで親との確執が起こり、13歳からは社会的ひきこもりの生活...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 423号 2015/12/1

不登校直後「人生が終わった」と思った 当事者手記

僕は高校1年だった2012年の4月から不登校になり、それ以後約3年間をほとんど家ですごしてきました。不登校になった一番の理由は、人間関係がイヤになったということです。  具体...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 422号 2015/11/15

私の不登校、その後 田中進(6)WEB版限定

■22歳。(2007年7月、新潟県中越沖地震/9月、スマトラ島沖地震)

  いいね!   kito-shin kito-shin from 422号 2015/11/15

私の不登校、その後 田中進(5)WEB版限定

■19歳。(2004年4月、イラク日本人人質事件/6月、佐世保小6女児同級生殺害事件/9月、大牟田4人殺害事件)

  いいね!   kito-shin kito-shin from 422号 2015/11/15

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...