不登校新聞

494号 2018/11/15

インタビュー

「書いて見えたのは世界の輪郭」現代詩のエース・最果タヒの原点

「現代詩」で異例のヒットを続けている詩人・最果タヒさん。その感性は若者から大きな支持を集めており、中原中也賞の受賞や詩集を原作に映画化されるなど評価を得ている。最果タヒさんに...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

「理由はとくにないみたい」漫画家が語った私と娘の不登校

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。『このマンガがすごい!2018』第4位にランクインした本作の作者・入江喜和さんにお話をうかがった。*...

  いいね!   shiko shiko from 506号 2019/5/15

風呂に入らず、昼夜逆転も、私のひきこもりが自然に終わった理由

小学4年生で不登校をし、現在はフリースクール「東京シューレ流山」でスタッフを務める原野有里さん(29歳)にお話をうかがった。原野さんは、自身の不登校をふり返って「健全にひきこ...

  いいね!   shiko shiko from 502号 2019/3/15

「不登校の時間をクリエイティブに」美術家・風間サチコさんに聞く

2018年11月に『予感の帝国 風間サチコ作品集』(朝日出版社)を出版するなど、注目を集めている美術家・風間サチコさん。風間さんは美術家である一方、小学生から不登校をしていた...

  いいね!   shiko shiko from 502号 2019/3/15

教育機会確保法成立から2年 “提案型の社会”に必要なことは

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。同法には民間団体と行政の連携も盛り込まれており、なかでも、千葉県の動きは活発だ。同法に基づく県議会の議員連盟が全国で初めて発足し、県...

  いいね!   koguma koguma from 499号 2019/2/1

「いまだなにも解決していない」哲学者に聞く水俣病50年

水俣病の確認から50年。戦後の日本が、その「発展」と引き替えに切り捨ててきたものは何だったのか。その体質は、果たして変わったのか。今回は、水俣病事件にも取り組む、哲学者の丸山...

  いいね!   shiko shiko from 195号(2006.6.1)

「災難」状況の社会に希望はあるか 趙韓惠貞さんに聞く

20年前に韓国で「代案教育」を推進した趙韓惠貞(チョハン・へジョン)さんは、現在、そこに希望はないと言う。韓国の子ども・若者をめぐる状況はどうなっているのか。どこに希望を見い...

  いいね!   shiko shiko from 497号 2019/1/1

女性向けセックスグッズショップを設立 北原みのりさんに聞く

今回のインタビューは、ラブピースクラブ代表の北原みのりさん。ご自身の学校との関係や働き方について、また体や性のこと、ラブピースクラブの設立経緯などについて、うかがった。 * ...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

「人は病気ではない病にかかる」老師が説く若者の生きづらさの根源

今回取材したのは山川宗玄老師。正眼短期大学の学長も務める老師に、現在の若者の状況をどう見られているか、不登校やひきこもりをどう見られているか、などをうかがった。 * * *―...

  いいね!   shiko shiko from 196号(2006.6.15)

いじめ問題を取材して20年 報道から見たいじめ調査の問題点

今回は、日本テレビ報道キャスターの岸田雪子さんのインタビューを掲載する。岸田さんは報道キャスターを務めるかたわら、いじめなどの教育問題を長年取材し続けている。6月に出版した新...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 492号 2018/10/15

「学校は死刑台だった」今も“それせか”が当時を歌う理由

今、10代・20代に熱く支持されるバンド「それでも世界が続くなら」。今年9月2日のライブ公演のチケットが開始5分で売り切れたこのバンドは、不登校、いじめ、虐待などをテーマにし...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 486号 2018/7/15

本屋大賞・辻村深月が「最も緊張した」と語った取材 不登校当事者が聞いたこととは

2018年4月10日、本屋大賞に『かがみの孤城』が選ばれました。作者・辻村深月さんは、多くのメディアで『不登校新聞』の取材時の思い出を語っています。それは『かがみの孤城』が不...

  いいね!   shiko shiko from 480号 2018/4/15

身長100cmで「2児の母」にコラムニスト・伊是名夏子さんに取材 ポジティブなのは仕方がないから

コラムニスト・伊是名夏子さんには「骨形成不全症」という障害がある。生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気だ。そんな障害を抱えながらも、伊是名さんは出身地・沖縄から18歳で上京し一...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 480号 2018/4/15

「俺も不登校だった」元ブルーハーツドラマー・梶原徹也さんに聞く【編集部オススメバックナンバー】

――いま不登校をしている子どもたちへのメッセージはありますか? 俺も高校2年生のとき、1年くらい不登校で、ほとんど家のなかですごしていたんだ。当時は学級委員長などをすぐに引き...

  いいね!   koguma koguma from 479号 2018/4/1

他人が怒られてるのに私が傷つく、ひといちばい敏感な心を持つあなたへ【精神科医が解説】

『不登校新聞』にて『ひといちばい敏感な子』(著・エレイン・N・アーロン/翻訳・明橋大二)を紹介したところ、編集部も驚くほど多くの読者から反応があった。その声の多くは「やっと自...

  いいね!   shiko shiko from 478号 2018/3/15

宇多丸から自信を持てない人へ「自信は他人からもらおう」

ラジオやテレビ、音楽活動などで幅広く活躍する宇多丸さんにお話をうかがった。宇多丸さん自身は不登校していないが、語ってくれた言葉には不登校の人が生きていくためのヒントがつまって...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 477号 2018/3/1

学びはいつやめても いつ始めてもいい【羽生善治棋士/編集部おすすめ過去記事】

2017年12月5日、棋士・羽生善治さんが「竜王」を奪回し、「永世七冠」の権利を手にしました。 『不登校新聞』でも、2009年に羽生善治さんへインタビューしたことがあります。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 475号 2018/2/1

『被差別部落出身』を公言し、反戦を主張し続けた元自民党幹事長・野中広務氏が死去

自民党幹事長や内閣官房長官などを歴任した元衆院議員の野中広務氏(92歳)が亡くなられたことが本日、報じられました。心よりご冥福をお祈りします。『不登校新聞』では、2008年に...

  いいね!   shiko shiko from 474号 2018/1/15

東大生より不登校のほうが人生を始めやすい理由 東大教授・安冨歩

東京大学東洋文化研究所教授・安冨歩さんのインタビューを掲載する。安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「女性装」を始め、やっと「自分自身にな...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 474号 2018/1/15

働けない人へ「100%大丈夫です」FDA代表・成澤の提案

就労支援施設「NPO法人FDA(Future Dream Achievement)」は不登校・ひきこもり経験者が就労定着につながっていると話題になっている。FDAが行なってい...

  いいね!   shiko shiko from 471号 2017/12/1

ビリギャルが「偏差値の上げ方」よりも伝えたかったこと【不登校経験者が聞く】

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著・坪田信貴/2013年刊)は、不登校経験者にも共感が広がったノンフィクション作品だ(15年映画化)。...

  いいね!   shiko shiko from 471号 2017/12/1

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...