不登校新聞

495号 2018/12/1

当事者の声

「不登校は生き方のひとつ」音楽を通して伝える“希望”とは

今回お話をうかがったのは、メンバー全員が不登校経験者というバンド「JERRYBEANS」のボーカル・ギターの山崎史朗さん。自身の不登校体験や年間100本以上こなす「講演ライブ...

  いいね!   koguma koguma

不登校ひきこもりの「体力問題」実は体力関係なかったって話

「体力がないので、何をするにも自信が持てない」。そう悩む不登校経験者も多い。「体力問題」について、2名に体験を書いてもらい、支援者の方に話を聞いた。 * * * 訓練は徒歩...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

自分の不登校をどう思ってる? 14歳と19歳の回答

今回は不登校経験者のお二人にお話をうかがった。

  いいね!   shiko shiko from 196号(2006.6.15)

「親のこと、どう思ってる?」親に言えない不登校当事者の本音

「あなたにとって、親は落ち着く存在ですか?」。そんなテーマが子ども若者編集会議で持ち上がった。参加者のなかから「親がいてくれるから安心できる」という松田佳純さんと、「親がいる...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

「あの子たちを憎む私が嫌いだった」当事者しか解らない不登校の苦痛

かつて直木賞作家・辻村深月さんは、本紙取材にて「イヤなことをされたら許さなくていい」と述べた(461号参照)。しかし、心がラクになるための「もう一つの道がある」と富良野しおん...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

私に必要だった“愚かな行為”

最近、「愚行権」という言葉をはじめて知った。 愚行権とは社会思想家ジョン・スチュアート・ミルが提唱した概念で、ひらたくいえば「たとえ他者から見て愚かな行為であっても、個人には...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

10年間ひきこもって、ダイニングバーのマスターを始めました

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)は、その後、ひきこもりの当事者会や本紙の取材に参加し、今年5月からバーのマスターを始めた。毎日のよう...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 493号 2018/11/1

「中卒はヤバい」ってホント? 実際に中卒の私が経験したその後

今回執筆した美空さんは「中卒」だ。しかし、それがハンデなったことはないという。不登校で自身の学歴にコンプレックスを持つ人がいたら、この記事を参考にしてもらえれば幸いだ。(東京...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 492号 2018/10/15

ひきこもり10年の僕が見つけた こもりながら人と交流する方法

ひきこもり当事者、しょーたろーさんは、自宅にいながら人と交流する方法を考え、人を自宅に招き料理をふるまう「ひきこもり食堂」を開催した。やってみて気づいたことなどを書いていただ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 491号 2018/10/1

「いってらっしゃい」と言いたくて ひきこもる子を持つ親の本音

「私の夢は娘に『いってらっしゃい』と言うことです」と語る島本奈津子さん(仮名)にお話をうかがった。島本さんには17歳になる不登校中の娘がいる。娘さんとの生活や、母親として今考...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 490号 2018/9/15

ひたすらゲームばかり そんな子の心を覗いてみたら

富良野しおんさんは、不登校中、ゲームが希望になったと語る。どんな気持ちだったのだろうか、富良野さん自身に当時の気持ちを書いていただいた。  私は、不登校になってからテレ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 490号 2018/9/15

就職も結婚もゴールじゃなかった おさんぽ女子会が喜ばれるワケ

生きづらさを抱えた女性が集まる会を立ち上げた猫田良子さん。会への思いを書いていただいた。******  1年半ほど前から、友人と2人で「おさんぽ女子会」という会を主催してい...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 490号 2018/9/15

学校に行けないことは“悪” 不登校している自分を認められず【新学期前の心境】

「事故に遭えば学校を休める」と思い、母が握っていた車のハンドルをガードレールのほうへ動かそうとし、怖くなってやめたことがあります。小学6年生のことです。 小6の秋、私は突然、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 489号 2018/9/1

不登校歴12年、私は「その後」の情報がほしかった

自身の不登校経験をマンガにしてネット上で発表している、りゃこさん。次号より本紙でも連載が始まる彼女に、自身の経験やマンガについて書いてもらった。******  私は今年で2...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 489号 2018/9/1

不登校の恋愛事情 非モテがつらくて発狂しそう

私は不登校していたころ、「学校に戻れば苦しみから解放される」と思っていた。その後、復学してはみたものの、少しも楽にならなかった。「私の苦しみの根はどこにあるんだ?」とずっと考...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 アドバイス編 今から大事なことを言うぞ。「ギャルゲーは裏切らない」

モテないことに悩む人よ、不登校新聞スタッフの肩書きをかなぐり捨てて、私は宣言しよう。「ギャルゲーは裏切らない」と。 ゲームのなかには「ギャルゲー」や「乙女ゲー」などと呼ばれる...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 488号 2018/8/15

不登校の恋愛事情 怨嗟編 「恋愛第一」の社会、ぶっちゃけウザいんですけど

生まれてこのかた、パートナーがいたためしがない。そもそも恋愛する元気がなかった。どん底のときは自分のことで精いっぱいで、わざわざ恋愛に時間と労力をまわすなんてありえなかった。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 488号 2018/8/15

「みんな同じ不安をもってる」それを気づかせてくれた初音ミクの曲

ちょうど20歳になったころ、何もない自分に絶望していた。自分なりにがんばって勉強し、車の免許や高認資格を取っても、まわりと比べてしまうと「できて当たり前、ふつうのこと」と思っ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 488号 2018/8/15

他人のゲームから生きる糧を【不登校経験者手記】

私の日々を支えてくれたのは、「ゲーム実況」だ。ゲーム実況とは、プレイヤーがしゃべりながらゲームするようすを動画にまとめたものだ。ゲームに没頭していたころが懐かしくて、YouT...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 487号 2018/8/1

「みんながちがうを伝えたい」不登校でLGBTだからこその思い

小学校や中学、高校などで「多様な生と性」の授業や講演をする、中島潤さん。いまの社会の「ふつう」を問い直し、「みんな同じ」ではなく「私とあなたってちがうよね」が前提の世の中にな...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 487号 2018/8/1

「不登校という言葉はもうやめよう」だって差別用語だから

「不登校という言葉は最悪だ」。そう語るのはPN喜久井ヤシンさん。自身の経験を「不登校」という言葉で語りたくないという喜久井さんに、思いを書いていただいた。 ********...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 487号 2018/8/1

「学校ってそんなに大事?」30代女性が語る不登校予備軍生活

私は30歳をすぎた今でも、なぜ人は学校へ行かなければならないのか、わからない。私自身、幼稚園から小・中・高・大と学校に通ってきたが、ずっと苦痛だった。学校の存在意義はもちろん...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 486号 2018/7/15

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...