不登校新聞

513号 2019/9/1

インタビュー

死にたいあなたへ今伝えたい「生きててよかった日は必ず来る」【中川翔子】

9月1日は、1年のなかでもっとも子どもの自殺が多くなる日だ。学校で「夏休み明け」を迎え、学校へ行くのが苦しい子たちによる自殺が増えていると見られている。そこで、学校で苦しんで...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga

川﨑・練馬の事件から3カ月。事件の本質は、ひきこもりではなく「孤立」

今回は、一般社団法人「ひきこもりUX会議」の代表理事・林恭子さんにお話をうかがった。今年5月、神奈川県川崎市で、児童ら20人が殺傷される事件が起きた。「容疑者はひきこもり傾向...

  いいね!   koguma koguma

他の号の記事

子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

『不道徳お母さん講座』(河出書房新社)や『スゴ母列伝~いい母は天国に行ける ワルい母はどこへでも行ける~』(大和書房)などを執筆し注目を集めているライター・堀越英美さん。堀越...

  いいね!   shiko shiko from 530号 2020/5/15

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたら不登校当事者から、こんな答えが返ってきました。「俳優・坂上忍さんです。坂上さんみたいな大人になりたいからで...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 527号 2020/4/1

嫌なことはしないで生きる「レンタルなんもしない人」の覚悟

レンタルなんもしない人さん 「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で話題になった。ツイートしたのはレンタルなんもしない人さん(36歳)。貸し...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 524号 2020/2/15

不登校した19歳がインタビュー、いじめとの向き合い方教えて

小島佑依里さん(左)と企画者・さゆりさん(右) こんにちは。子ども若者編集部のさゆりと申します。私は『不登校新聞』でぜひインタビューしたい人がいました。 小島佑依里(ゆいり)...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 523号 2020/2/1

「スクールロイヤー」とは何か 弁護士に聞く制度の課題と展望

真下麻里子さん 文科省は2018年4月、試験的に「スクールロイヤー」を導入すると発表した。同省が現在想定しているのは、各自治体からの依頼により、弁護士が派遣されるというもので...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 522号 2020/1/15

「素の自分を愛してあげてください」りゅうちぇるさんに聞く

取材した子ども若者編集部のメンバーとりゅうちぇるさん  「自分を愛することが大切」というメッセージを、テレビや音楽活動を通して伝えるりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 521号 2020/1/1

お金を儲けず、子どもを管理せず、その子の感性に寄り添える場を

小倉哲(さとる)さんは、東京で不登校の子どもたちと関わる仕事をされたあと、2017年、お子さんの誕生を機に故郷の千葉県市原市に夫婦で移住しました。移住後も、いわゆるプレーパー...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 520号 2019/12/15

「多動は自然になくなる」精神科医が説く発達障害

引き続き、精神科医の石川憲彦さんのお話を掲載する。最終回はADHDについて、薬物投与や医療のあり方などについて、うかがっている。* * *――ADHDについては、どのような見...

  いいね!   shiko shiko from 189号(2006.3.1)

「子育ては失敗しちゃいけない?」教育ジャーナリストに聞く

今回のインタビューは、教育や子育ての本を多数執筆し、講演活動も行っている、教育ジャーナリストの青木悦さん。子ども時代やジャーナリストになるきっかけ、いまの子育ての状況などにつ...

  いいね!   shiko shiko from 189号(2006.3.1)

「負け組でけっこうじゃないですか」整体師・矢上裕さんに聞く

今回のインタビューは、「自力整体」の矢上裕さん。ホームスクーリング・ネットワーク「ZERO-net」の松浦喜美世さんから、合同取材のお誘いを受け、取材させていただいた。 * ...

  いいね!   shiko shiko from 190号(2006.3.15)

不登校から始まった、プロ造型師の道

ティラノサウルス(ヘッド)(C)2001 Shinzen Takeuchi  今回、お話をうかがったのは竹内信善さん(造型作家・25歳)SHINZEN造形研究所主宰の。プロ...

  いいね!   shiko shiko from 191号(2006.4.1)

社会学者 大沢真一郎さんに聞く

今回は、さまざまな社会運動に関わってきた社会学者の大沢真一郎さんに、現在の若者と社会との関わり方などについて、お聞きした。大沢さんの若い人への視線は、とても信頼感と暖かさに満...

  いいね!   shiko shiko from 192号(2006.4.15)

16歳に聞いた不登校インタビュー

―不登校はいつから? 小学校2年生のとき。理由は学校の友だちとの関係が合わなくなってたからかな。しばらくして東京シューレに通うようになった。 最初のうちは学校に行きながらシュ...

  いいね!   shiko shiko from 193号(2006.5.1)

「イヤなことからは逃げてきました」絵本作家が見つけた生き方の極意

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。取材では不登校経験者らとともに、絵本作家になるまでの背景や作品に込めた思いをうかがった。* * *―...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 517号 2019/11/1

「学校へ行きたくない」と子どもに言われたら親がすべきこと

フリースペースコスモ・佐藤真一郎さん 「学校へ行きたくない」と子どもが思っていたら、親はどうしたらいいのでしょうか。25年間、不登校の子とともに歩んできた「フリースペースコス...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 515号 2019/10/1

「あんたが行かれへん学校が間違ってんねん」大空小初代校長・木村泰子さんに聞く

2015年の公開以来話題を呼び、2019年現在も全国で頻繁に自主上映が続くドキュメンタリー映画「みんなの学校」。舞台となった大阪市立大空小学校は「すべての子どもに居場所がある...

  いいね!   shiko shiko from 515号 2019/10/1

『どうか生きてください』樹木希林が亡くなる直前、娘につぶやいた9月1日への思い

写真左から本紙編集長・石井志昂、内田也哉子さん 樹木希林さんが亡くなる直前まで心を痛めていた9月1日の子ども自殺。その思いを突然、聞かされた娘・内田也哉子さんは「何かできるこ...

  いいね!   shiko shiko from 512号 2019/8/15

元ひきこもりの問い「生きることはなぜ苦しいの?」小島慶子の答えは

タレント、エッセイスト 小島慶子さん タレント、エッセイストとして活動する小島慶子さんのインタビューを掲載する。小島さんは、幼いころから母親との葛藤に苦しんできたことを著書『...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 511号 2019/8/1

「理由はとくにないみたい」漫画家が語った私と娘の不登校

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。『このマンガがすごい!2018』第4位にランクインした本作の作者・入江喜和さんにお話をうかがった。*...

  いいね!   shiko shiko from 506号 2019/5/15

風呂に入らず、昼夜逆転も、私のひきこもりが自然に終わった理由

小学4年生で不登校をし、現在はフリースクール「東京シューレ流山」でスタッフを務める原野有里さん(29歳)にお話をうかがった。原野さんは、自身の不登校をふり返って「健全にひきこ...

  いいね!   shiko shiko from 502号 2019/3/15

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...