不登校新聞

524号 2020/2/15

すまいる式 子どものわかり方

不登校の人が毎朝、起きる時と起きない時の心境

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.24 今回は「朝、起きてこない子に思うこと」をテーマに書いてみたいと思います。いただいた相談は、次のとおりです。「親として、不登校...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

新年度という節目を目の前に親が不登校の子にしてあげられること

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.27 今回のテーマは、「新年度に向けて、保護者は何をしたらよいのか」ということです。 相談は以下のようなものです。 「子どもが不登...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 527号 2020/4/1

「不登校の理由を話したがらない」言いづらい子どもの2つの気持ち

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.26 今回のテーマは「不登校の理由や学校であったことを『なぜ親に言えないのか』」です。 不登校の子がいる父親の方から、次のような相...

  いいね!   shiko shiko from 526号 2020/3/15

卒業式に出る・出ないに限らず周囲が卒業を祝える「区切り方」

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.25 今回のテーマは「卒業」です。この時期から増えるつらい相談を受けるたびに、少しでもその痛みを緩和できないものだろうか、と悩みま...

  いいね!   shiko shiko from 525号 2020/3/1

子どもの気持ちが解らない時こそ「子どもを信じる」という方針を

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.23 今回は、「不登校対応の指針をひとつだけ伝えるとしたら」というテーマです。不登校の保護者に向けて、どうしても伝えておきたいこと...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 523号 2020/2/1

「ふつうになりたい」と願う不登校の子に親ができること

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.22 今回は、子どもに「『ふつう』になりたい」と言われたら、というテーマです。年が明けたころから進路の相談が増えてきます。 たとえ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 522号 2020/1/15

「不登校の親の特徴とは」現場で働く人から言えること

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.21 今回は「不登校の親の特徴はなんですか?」という質問に答えたいと思います。このような質問は学校関係者や支援者からときどきありま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 521号 2020/1/1

祖父母と子供の板挟みにあう帰省、フリースクール代表からの助言は

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.20 今回のテーマは「帰省」です。冬休みに特徴的な問題が年末年始の「帰省」だからです。 この時期は「孫の不登校」について、なんと言...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 520号 2019/12/15

小学生の不登校は行き場がない、全国的な課題になってます

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.19 今回のテーマは「小学生の居場所」です。 子どもが不登校になったあと「(学校の代わりになるような)居場所をどうするのか」という...

  いいね!   shiko shiko from 519号 2019/12/1

学校へ行かない兄が登校してる妹をいじめる。きょうだい問題が起きたときは

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.18 今回は不登校ときょうだい関係というテーマでお話をしてみたいと思います。以下のような相談をいただきました。 兄は不登校、妹は登...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 517号 2019/11/1

「見守るのがつらい」親がそう思ったら読んでほしいこと

今回は「見守る」というテーマで書いてみたいと思います。夏休みが明けてからの相談を受けるなかで、保護者が「子どもを見守る」ことに悩んでいるように感じたからです。 ある保護者から...

  いいね!   shiko shiko from 516号 2019/10/15

休み明けだからこそ、親の思いを伝えて フリースクール代表の思い

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.16 今回のテーマは、「夏休み明けに思うこと」です。 「平成27年版自殺対策白書」(内閣府)における「18歳以下の日別自殺者数」の...

  いいね!   shiko shiko from 513号 2019/9/1

不登校の子の夏休みの過ごし方 保護者にとって大事なコツは

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.15 今回は「不登校の子の夏休みのすごし方」について書きます。 これまで「夏休み中、子どもはどうすごしたらいいのか。親として何をし...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 511号 2019/8/1

将来がわからないのに「学校を休んで」なんて言えません。フリースクール代表の回答は

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.14 今回のテーマは「無責任に『学校を休んでいいよ』とは言えない」ということについてです。『不登校新聞』の編集部を通じて、次のよう...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 510号 2019/7/15

不登校の原因は「無気力」ってホント? その裏にある子どもの本音は

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.13 今回は、不登校の要因としてあげられている「無気力」について書いてみます。文科省の調査によると、本人に関わる要因として「無気力...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 509号 2019/7/1

不登校したら我慢できない子に? 忍耐力を身につける過程とは

私自身が小学生の子を持つ親になって、登校させることが親子に課せられた試練であるかのような感覚を初めて覚えました。 乗り越えて然るべきもので、子どもを学校へ行かせることで初めて...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 508号 2019/6/15

「どんな子が不登校になりやすい?」フリースクール代表の答え

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.11 「不登校になる子をイメージしてください」と質問されたら、どんな子どもをイメージするでしょうか。私も「どんな子が不登校になりや...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 507号 2019/6/1

「少しだけでも学校へ」の一言が地雷、登校圧力はなぜリスクなのか

休みが増える傾向になるタイミングのひとつが、5月の連休明けです。新年度からがんばろうという気持ちが強すぎて、エネルギーが切れてしまったり、思いと現実のズレが出てきたりするのか...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 506号 2019/5/15

不登校だと成績表はどうなるのか、意外と知られていない評価の仕方

不登校の子を持つ保護者からの相談で、かならずと言ってよいほど聞かれるのが「学校へ行ってない場合、学校の成績って、どうなるのでしょうか」です。成績というのは、学校からもらう通信...

  いいね!   shiko shiko from 505号 2019/5/1

親も教師もカン違いしています。子どもが学校を休み始めたら「もう限界」なんです

長いこと不登校の活動を続けていると、ありがたいもので、講演の依頼をいただくことがあります。 最近はとくに、学習指導要領改訂によって不登校対応も指摘されたことから、学校の校内研...

  いいね!   shiko shiko from 504号 2019/4/15

「4月から学校へ行くよ」と宣言、子どもの背景にある2つのパターン

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.7  新年度になりました。お子さんから「4月からは行くよ」と言ってもらえた保護者の方は少なくないのでは、と思います。 あるいは、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 503号 2019/4/1

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。