不登校新聞

526号 2020/3/15

その他 (他の号の記事)

ひといき

昨年の暮れ、そして今年の春と続けて「腰痛」を起こしてしまい、2度目の腰痛は医者に行くほどでもないかと、湿布薬を買いにドラッグストアへGO。 お店の人に「〇〇という貼り薬を探し...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 529号 2020/5/1

世田谷区のアクションプラン 不登校の歴史vol.528

フリースクールという学校以外の場をやってきたところと学校に復帰させる目的で教育委員会がやってきた教育支援センター(適応指導教室)が連携して、不登校の子どもを支援する場をつくる...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 528号 2020/4/15

かがり火

WHOが新型コロナウィルス感染のパンデミック(世界的大流行)宣言をするなか、日本も感染拡大、医療崩壊の危機、経済と生活の不安が迫る。 藤田医科大岡崎医療センターはクルーズ船の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 528号 2020/4/15

ひといき

7都府県で緊急事態宣言が出ました。事務局でも時短や在宅勤務が続いていますが、職種によってはどうしても休めない人や、休業すれば生活が立ち行かなくなる人もいて、不安が社会を覆って...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 528号 2020/4/15

編集部より

現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、その予防策として、弊社職員の在宅勤務および時短勤務を実施しております。 つきまして、新聞の新規ご注文の発送、電話・メール等でのお問い...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 528号 2020/4/15

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

公民連携の動きは、「教育機会確保法」の指針が出た2017年2月以降、市民側からの働きかけだけでなく、公的な側からの働きかけも増えていった。 東京でも、いくつかの区の教育委員会...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 527号 2020/4/1

ひといき

新型コロナウイルス、収束の兆しが見えませんね。事務局では、3月から時短勤務・在宅勤務を決め、1カ月がたちました。 当初、僕はいつもと勝手が違う在宅勤務に、面倒くささしか感じま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 527号 2020/4/1

かがり火

新型コロナウィルスの感染は、猛烈な勢いで世界を席巻し、WHOはパンデミックを宣言した。 3月22日時点では、感染者は26万人、死者1万人を超えたとのことである。 日本国内では...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 527号 2020/4/1

かがり火

新型コロナウィルスの不気味な広がりのニュースが朝から晩までくり返されるなかで、それ以上にやりきれない思いになった小さなニュースがあった。 2月10日(月)家を追い出された小学...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 525号 2020/3/1

ひといき【編集後記】

連休だったというのに何も他人様に話せるようなことが見当たらない。ということで、ここで書くにふさわしい内容が見当たらず困っている。 とは言え、ホントに何もしなかったわけではない...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 525号 2020/3/1

フリネット養成講座 不登校の歴史vol.525

2017年、「教育機会確保法」成立に尽力してきた「フリースクール全国ネットワーク」はこの年の秋から冬にかけて、「フリースクールスタッフ養成連続講座2017」を開催した。 フリ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 525号 2020/3/1

かがり火

『不登校新聞』の読者にはぜひぜひ観てもらいたい映像がある。「不登校を経験した私たちが見た不登校の歴史と今」というDVDである。 たった43分の長さのなかに、約50年間の「日本...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

毎年冬になると、母の実家、秋田から子持ちの「ハタハタ」がどっさり届く。 昔は浜で一箱10円で投げ売りしていたそうだが、漁獲量が減り、いまや高級魚である。 そのツブツブの卵は、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

教育機会確保法の成立により、公民連携の道が開かれ始めた。東京シューレの本部がある東京都北区の例をお話したい。 東京シューレは、1985年に北区で誕生したにもかかわらず、北区と...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 524号 2020/2/15

不登校調査50年、日本社会は 不登校の歴史vol.523

「普通教育機会確保法」の成立前後は、不登校についての取り組みに対するふり返りも自然にあちこちで行なわれることになった。 それをもっともはっきりした形で開催したのは、「不登校調...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 523号 2020/2/1

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...