不登校新聞

530号 2020/5/15

娘からの返信

不登校だった私が、不登校の親になってわかったこと

連載「娘からの返信」vol.4本連載では、小学校4年生で不登校になった私が家族から「バイステックの原則」で言われている受容や自己決定の尊重をしてもらった結果、自分で進路を決めて就…

  いいね!   shiko shiko

他の号の記事

母になってわかった私の不登校に意味があった理由

連載「娘からの返信」最終回これまで本欄では、父の連載から引き続くかたちで、自分自身の不登校と息子の不登校からホームスクールへの変化をお伝えしてきました。今回はこれまでの経験を通じ…

  いいね!   shiko shiko from 533号 2020/7/1

共働き家庭と不登校、小4でも親不在ですごせる方法

サイクリング中に昼食を食べる鈴木家の子どもたち連載「娘からの返信」vol.6息子が小学校1年生の9月から不登校になり、夫婦の意見や学校との認識が合わずに苦しんでいた私でしたが、ホ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 532号 2020/6/15

学校へ行くか行かないかではなく、私たち家族が見つけた第三の道

函館の祖父母と手をつなぐ鈴木家の子どもたち連載「娘からの返信」vol.5小学校1年生の9月から不登校になった息子。息子が校内でされていた行為は「いじめだった」という認識のわが家と…

  いいね!   shiko shiko from 531号 2020/6/1

不登校からの進路、「本人次第」と任されて見えたこと

連載「娘からの返信」vol.3本紙で連載されていた父の手記では、自己決定を尊重することの大切さが説かれていました。子どもと良好な親子関係を築き、子どもをよりよく支えるためには「自…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 529号 2020/5/1

不登校を親が理解すると子どもはどう変わるのか

連載「娘からの返信」vol.2父が本紙で執筆していた連載では「家族の受容」が大事だとたびたび触れられていました。今回は「受容」された側が、どのように感じていたかを伝えていきます。…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 528号 2020/4/15

小中学校で2度の不登校を経験、私の支えになった親の関わり方

今号から不登校経験者であり、親としてもホームスクーリングを実践している鈴木結さんの連載を始めます。* * *本紙で連載された「不登校・ひきこもりの親が迎える5つの関門」(本紙51…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 527号 2020/4/1

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…