不登校新聞

546号 2021/1/15

親の失敗談から見えること

「不登校は見守るだけでいいのか」失敗談から見えた向き合い方

加嶋文哉さん 本連載では、わが子の不登校をめぐる親の失敗談から考える大切さについて「星の会」(不登校を考える親の会)」(大分県)の世話人・加嶋文哉さんが執筆する。*  *  ...

  いいね!   koguma koguma

他の号の記事

不登校の子が親に言えなかった「再登校できない」理由

加嶋文哉さん連載「親の失敗談から見えること」vol.2 Aさんの娘さんが不登校を始めたのは、小学校5年生の9月です。きっかけは、なかよしだと思っていた友だちからの無視でした。...

  いいね!   koguma koguma from 547号 2021/2/1

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...