不登校新聞

552号 2021/4/15

親の思い (他の号の記事)

不登校の親インタビュー「小2で突然の不登校宣言」

今回のインタビューは長野県に住む母親ににお話をうかがった。息子さん2人のうち、兄が小学校時に不登校。 不登校の親インタビュー「小2で突然の不登校宣言」 ――まずは不...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 371号 (2013.10.1)

拡大版声「゙待づとは子育て」

拡大版・声「親のキモチって」後編 「待つ」とは子育て  私と中学2年生の息子(不登校・ひきこもり)の関係で言えば、本人の内面の状態は、観察と想像力と母親としての勘で推...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 371号 (2013.10.1)

拡大版声「子の思いを大切に」

拡大版・声「親のキモチって」後編 子の思いを大切に  私の息子は3年ほど不登校が続いていました。8月の終わりに学校から電話があり、子どもに聞いたら「電話に出る」と言う...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 371号 (2013.10.1)

【公開】親シンポジウム「息子に救われたこと」

多田元と申します。私は弁護士として子どもの問題に関わっていますが、家族内では最下層に位置しています(笑)。弁護士のくせにカミさんと議論して勝ったことがありません。今日は自分の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 370号 (2013.09.15)

親シンポジウム「私が受けとめられた」

はじめまして大石寿子と申します。私の娘は33歳、息子は29歳です。家族4人、気持ちも穏やかに暮らしている。そういう家庭もあるということを知ってもらえればと思い、今日は壇上に上...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 370号 (2013.09.15)

親の“キモチ”って 前編

本紙367号にて、『Fonte』読者オフ会の参加者アンケートで寄せられた声を紹介しました。  「本人の内面の状態がわからない」「第三者に外へ引き出してほしいが、きっかけをどう...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 370号 (2013.09.15)

【公開】親シンポジウム「背中で感じた“死ぬ気”」

「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会2013」の大会で行なわれた「親シンポジウム~ありのままで~」では不登校の子を持つ4人の親が登場。今号と次号に分けて講演抄録を掲載する。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 369号 (2013.09.01)

親シンポジウム「命を守る“こだわり”」

「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会2013」の大会で行なわれた「親シンポジウム~ありのままで~」では不登校の子を持つ4人の親が登場。今号と次号に分けて講演抄録を掲載する。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 369号 (2013.09.01)

【公開】父の気持ち 心のままに

不登校を語るなかで、「父親不在」と言われることがある。そこで今回、恩田茂夫さん・春音さん親子に登場してもらった。父から見た不登校、娘から見た不登校の共通点とちがいは何なのか。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 307号(2011.2.1)

祖父母と孫の不登校 母親の立場から

いまは私がクッションになる 我が家からわずか6軒先が祖父母の家。誰もがうらやましいと思う"スープの冷めない距離”。  息子たちが小さかった頃は、少しの時間の子守りを頼んだ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 310号(2011.3.15)

親のシンポジウム①「将来を見守りたい」

高知にて行なわれた登校拒否を考える全国合宿。そのなかでは不登校・ひきこもりの子を持つ親4人がシンポジストとして登場。今号はシンポジウム「私たちが子どもから受け取ったもの」の講...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 320号(2011.8.15)

親のシンポジウム②「プラスに考えていく」

高知にて行なわれた登校拒否を考える全国合宿。そのなかでは不登校・ひきこもりの子を持つ親4人がシンポジストとして登場。今号はシンポジウム「私たちが子どもから受け取ったもの」の講...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 320号(2011.8.15)

親のシンポジウム③「私も好きなことを」

高知にて行なわれた登校拒否を考える全国合宿。そのなかでは不登校・ひきこもりの子を持つ親4人がシンポジストとして登場。今号はシンポジウム「私たちが子どもから受け取ったもの」の講...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 320号(2011.8.15)

親のシンポジウム④「自分らしく生きて」

高知にて行なわれた登校拒否を考える全国合宿。そのなかでは不登校・ひきこもりの子を持つ親4人がシンポジストとして登場。今号はシンポジウム「私たちが子どもから受け取ったもの」の講...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 320号(2011.8.15)

わが家の場合「忘れもしない9月2日」

焦らずに、見守りたい あれは忘れもしない、中学1年生の夏休み明けの9月2日。  娘が「今日どうしても行けない」と言うので、夏休み疲れもあるのかと、気にもせず休ませました。それ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 321号(2011.9.1)

わが家の場合「不登校から見えた社会」

わが家には27歳の娘と24歳の息子がいる。  「今度は高く跳んでやろうと、力いっぱい助走つけて思いっきり跳んだ。着地した! と思った瞬間、膝に激痛が走って、あり得ない方向...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 323号(2011.10.1)

登校拒否から学んだこと

わが家の場合「登校拒否から学んだこと」  現在小学3年の息子。小学1年の11月くらいから登校拒否が始まりました。  個性を尊重する自由な保育園とはまったく逆の世界の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 324号(2011.10.15)

ごくふつうです わが家の場合

息子の不登校から4年、世界が驚くほど広がった  現在中2の長男は学校に行かなくなって丸4年。昨年の中学入学当初は、もの珍しさも手伝ってしばらく通っていましたが、途中で疲れた...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 325号(2011.11.1)

わが家の場合「娘の言葉の重み」

"自分が誰だかわからない” つらい つらい くるしい くるしい 目の前がまっくらで 目の前が雨のうずまきで くるしい くるしいと 叫んでいる  私には10歳の娘と3歳の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 326号(2011.11.15)

声「オロオロしても」

子どもから「死にたい」とか「生きていることが無意味だ」とか言われると親はすごくつらいですよね。  どんなにつらいかを本人が伝えたいときに言う言葉なのだとは思っていても、親もつ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 327号(2011.12.1)

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...