不登校新聞

557号 2021/7/1

親の失敗談から見えること

わが子に話しかけても返事がない。親の悩みに経験者が語った言葉

加嶋文哉さん連載「親の失敗談から見えること」vol.7 中学生のときに不登校をしたAさんの息子さんは、通信制高校に進学しました。Aさんが困っているのは、子どもと会話ができない...

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

生活の乱れはすべてゲームのせい。親の思い込みに息子が語った本音

加嶋文哉さん ひさしぶりに例会に参加をしたAさんですが、口数が少なく元気がありません。どことなくつらそうでした。 Aさんの息子さんは、小学校のときは毎日学校に通っていましたが...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 555号 2021/6/1

何年も前の話を持ち出すわが子、子どもの言葉に隠された願いとは

加嶋文哉さん連載「親の失敗談から見えること」vol.5 疲れ切った表情で例会に参加されたAさん。部活動のいじめをきっかけに不登校になった息子さんは中学3年生です。 朝起こそう...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 553号 2021/5/1

学校に行きしぶる娘の背中は、押すべきか休ませるべきか

加嶋文哉さん連載「親の失敗談から見えること」vol.4 「星の会」の例会に初参加してくれたAさん。言葉につまりながら、娘さんのことを話してくれました。 中学校入学当初は楽しそ...

  いいね!   koguma koguma from 551号 2021/4/1

生活リズムが乱れた子どもへの対応原則は「混ぜると危険」

加嶋文哉さん 小学校教諭を32年間勤めてきた加嶋文哉さん(大分県在住)。加嶋さんは、不登校の子を持つ親であり、不登校の親たちが集まる親の会を長年、主宰されてきました。加嶋さん...

  いいね!   koguma koguma from 549号 2021/3/1

不登校の子が親に言えなかった「再登校できない」理由

加嶋文哉さん連載「親の失敗談から見えること」vol.2 Aさんの娘さんが不登校を始めたのは、小学校5年生の9月です。きっかけは、なかよしだと思っていた友だちからの無視でした。...

  いいね!   koguma koguma from 547号 2021/2/1

「不登校は見守るだけでいいのか」失敗談から見えた向き合い方

加嶋文哉さん 本連載では、わが子の不登校をめぐる親の失敗談から考える大切さについて「星の会」(不登校を考える親の会)」(大分県)の世話人・加嶋文哉さんが執筆する。*  *  ...

  いいね!   koguma koguma from 546号 2021/1/15

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...