不登校新聞

594号 2023/1/15

出張版 お母さんのほけんしつ

子どもが昼夜逆転する理由 背景にある子どもの本音

「子どもの昼夜逆転、どうしたら?」不登校の相談で、とくに多いのがこうした生活リズムに関するものです。不登校支援にたずさわる土橋優平さんは、「昼夜逆転にはそうならざるを得ない背景が…

  いいね!   kito-shin kito-shin

他の号の記事

新学期・クラス替えで心機一転 再登校を期待する親に伝えたい不登校の子どもの心

「もうすぐ新学期だし、学校復帰にちょうどいい」親としてはそんな希望を持ちますよね。しかし、不登校支援にたずさわる土橋優平さんは、「子どもにとって、新学期などの環境の変化が登校の後…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 596号 2023/2/15

「勉強を全然しません」不登校の親の悩みにフリースクール代表が語る学びの本質【全文公開】

「不登校してたら勉強が遅れてしまう」不登校の親にとって、子どもの勉強をどうするかは心配の種です。不登校支援にたずさわる土橋優平さんは、学校の勉強よりも、その子自身の「好き」からた…

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 595号 2023/2/1

学校へ行かない子のゲームの制限をどこまですべきか 専門家が解説

ゲームばかりのわが子。「このままゲーム依存になったらどうしよう」と親の悩みは尽きません。しかし、もし子どものゲームを制限したいと思っても、ただしい手順をふむことが大事、と不登校支…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 593号 2023/1/1

親だって休んでいい 子どもを支えるために必要な「がんばらない」時間

子どもの不登校は親にとってもつらいもの。「なぜうちの子が」、「どう支えればいいの?」と悩みは尽きません。そんなとき、「親だって休んでいい。ひとりの時間をつくってください」と、不登…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 592号 2022/12/15

学校の話題は絶対NG 不登校のわが子を支える2つのポイント

「不登校の子どもにどう接していいかわからない」「何を話題にすればいいのか」。親御さんからよく聞かれる悩みです。不登校支援に携わる土橋優平さんは、2つのポイントがあると言います。(…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 591号 2022/12/1

「なぜ学校へ行きたくないの?」子どもが答えてくれない理由

「なぜ子どもが学校へ行きたがらないのか、その理由がわからない」。不登校の子を抱える親のほとんどがそのように感じたことがあるのではないでしょうか。しかし「なぜ行きたくないの?」は禁…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 590号 2022/11/15

【新連載】親だってラクになってほしい 私たちが味方です

新連載「出張版お母さんのほけんしつ」を掲載します。子どもが不登校になると、親だってつらいもの。しかし、ひとりで抱えこまなくても大丈夫です。私たちが味方です。そんな思いをこめて書い…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 589号 2022/11/1

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…