記事タイトル一覧

当事者手記 ネットに逃げた理由

記事テーマ:当事者の声

電話で時報を聞いたことはありますか。117番に電話をかけると、おばさんの声が現在の時刻を知らせてくれるのです。15年ほど前、午前4時~午前5時は、テレビもラジオも砂嵐という空白の時間帯でした。とにか…

shiko shiko

第37回 小6の孫が母親にベッタリで離れない

記事テーマ:連載

連載「孫の不登校」 私には小6の孫がおります。私の一人娘の夫は転勤が多く、小学校入学以来3度目の転校後、昨年秋ごろから学校へ行けなくなりました。娘も最初は熱心に登校を促していましたが、らちがあかず…

kito-shin kito-shin

不登校の子の学習権保障へ 議連発足

記事テーマ:イベント

議員連盟設立総会のようす 「超党派フリースクール等議員連盟」(河村建夫会長)が6月3日設立された。「超党派フリースクール等議員連盟」は、フリースクールに通う子どもたちが、学校教育制度外にいるこ…

kito-shin kito-shin

第388回 国の動き、2010年夏

記事テーマ:連載

連載「不登校の歴史」 そのころ、つまり、2010年夏ごろの政治や社会の状況はどうだったのだろうか。前年8月、民主党が衆院選挙で歴史的勝利をし、9月鳩山内閣が生まれ、事業仕分けや子ども手当、高校無償…

kito-shin kito-shin

ぬいぐるみの旅行代理店を取材

記事テーマ:インタビュー

東園絵さん(ウナギトラベル) 世の中に仕事は「3万種類ある」と言う人がいる。本当のところは定かではないが、ものすごい多いのはたしか。私たちは「仕事」というものをとてもせまいイメージで捉えていた…

kito-shin kito-shin

声 警察のずさんな対応

記事テーマ:親の思い

小学校5年生の秋から不登校となり、外出、対人関係、将来などに大きな不安や焦りを感じた息子(現在17歳)がある日、玄関の戸をドンドン叩き、戸外に向かって「助けて!助けて!」と叫んだ。その手には包丁が握…

kito-shin kito-shin

読者でつながりませんか?

記事テーマ:編集部より

メーリングリストを利用して本紙読者どうしで交流しませんか?メーリングリストとは、複数の人に同じメールを送付できる仕組みのことです。本紙読者限定の安心できる場で現在は230名を超す方々がメールを通した…

kito-shin kito-shin

被曝語り部への愚弄は国家も 多田元

記事テーマ:その他

◎かがり火 先日、「不登校からの一歩」という特集が報道された。本紙子ども若者編集部と葛飾中学校の子どもたちの活動のようすを紹介して好評だった。不登校をしてこその出会いがあり、不登校をしてよかっ…

kito-shin kito-shin

わが家の夏バテ防止 堂満由美

記事テーマ:その他

@編集後記「暑い!」と思ったら梅雨入りで急に涼しくなり、体がびっくりするのかちょっと風邪気味になりやすいこの季節。わが家の元気の素メニューをちょっとご紹介。その名も『納豆入りスパニッシュオムレツ』。…

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…