不登校新聞

538号 2020/9/15

「カウンセリング」に関連する記事

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

現在、息子はハタチです。学校や会社には所属せず、週4日アルバイトをしています。 バイト以外の時間は家でゲームをしています。朝までゲームをしていた日も、遅刻もせず、休むことなく...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 538号 2020/9/15

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

昨年秋から、11歳の娘は精神科のカウンセリングに通っていました。 きっかけは不登校。 不登校になると、精神科の受診やカウンセラーへの相談を周囲から勧められる現実があります。逆...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 507号 2019/6/1

東ちづる著『<私>はなぜカウンセリングを受けたのか』

女優・東ちづるさんの自叙伝です。本書がきっかけとなり、本紙でのインタビューならびに先日の緊急号外へメッセージをいただくことになりました。  読み終えて、まず思ったのは、「カメ...

  いいね!   koguma koguma from 420号 2015/10/15

茨城県竜ケ崎でグループカウンセリング

グループカウンセリング「むいむい」は2008年8月より、茨城県竜ヶ崎市においてスタートしました。このグループではあらかじめ決まったテーマなどは設けずに、自由な雰囲気のなかで、...

  いいね!   none 匿名 from 254号(2008.11.15)

バックナンバー(もっと見る)

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...