不登校新聞

538号 2020/9/15

「立正大学准教授」に関連する記事

社会学者が提案する、ひきこもり問題の乗り越え方

社会学者・関水徹平 ひきこもり問題とは「どう乗り越えるべき問題」なのだろうか。社会学の観点から関水徹平・立正大学准教授に執筆いただいた。* * * 日本社会では、さまざまな生...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 524号 2020/2/15

バックナンバー(もっと見る)

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...