不登校新聞

527号 2020/4/1

「奥地圭子」に関連する記事

特集HE ホームエデュケーションってなに?

教育といえば「学校教育」が世の主流ですし、それが普通だと思われていますが、学校制度とは異なる教育のあり方が、いろいろあります。フリースクールやホームエデュケーションは、学校外...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 239号(2008.4.1)

第239号 実態が述べられない政府報告

連載「不登校の歴史」  国は子どもの権利条約を批准すると、2年後に国連へ報告する義務を追っている。96年5月に出された政府報告に対し「登校拒否を考える全国ネットワーク」はカ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 239号(2008.4.1)

第240回 私たちが政府に保障させたいこと

連載「不登校の歴史」  96年11月30日付で、「登校拒否を考える全国ネットワーク」は、日本の子どもの現実を、国連子どもの権利条約NGOカウンターレポートとしてまとめた。国...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 240号 2008.4.15

かがり火 奥地圭子

4月に入り、新学期が始まった。不登校の子の学校である東京シューレ葛飾中学校も2年目が始まった。ここはフリースクールの公教育化を目的に、子ども・親・市民でつくり出した、新しいタ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 240号 2008.4.15

第241号 え、不登校を教護院に?

連載「不登校の歴史」  1997年6月3日、「児童福祉法等の一部を改正する法律案」が、国会で可決成立した。  児童福祉法が、戦後生まれて50年たち、時代と合わない部分がで...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 241号(2008.5.1)

不登校をめぐる10年 特別座談会(上)

――まずは、この10年についての概観を、奥地さんからお聞きしたいのですが。奥地圭子 10年前は、すでに子どもにとって生きづらい社会で、その苦しさを表すように、いろんな事件が起...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 241号(2008.5.1)

不登校をめぐる10年 特別座談会(下)

前回に引き続き、座談会「不登校をめぐる10年」を掲載する。出席者は、奥地圭子、小沢牧子、芹沢俊介の各氏(司会・山下耕平)。 芹沢俊介 不登校問題が、なんとなく社会問題の前線...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 242号(2008.5.15)

第242回 「不登校新聞」創刊

連載「不登校の歴史」  本紙不登校新聞の創刊は、1998年5月1日であるが、準備は前年の9月からであった。前号に創刊のきっかけになった事件を述べたが、その1~2年前から、不...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 242号(2008.5.15)

第243号 「不登校新聞」創刊のころ

連載「不登校の歴史」  「不登校新聞」第1号が、1998年5月1日、無事創刊された。マスコミへの記者会見には、何社も来てくれた。「登校拒否を考える全国ネット」のあちこちの会...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 243号(2008.6.1)

かがり火 奥地圭子

フリースクール環境整備推進議員連盟ができたことは、すなおに、すごいと思う。東京シューレを開設して、この6月でちょうど満23年である。やっと、という思いである。  この議連が...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 243号(2008.6.1)

最終回 一人親の家庭に不登校は多い?

連載「シングルマザーから見えるもの」  シングルマザーの現状はどうなっているのか。当事者、市民活動、有識者と、5回に渡って取りあげてきた。最終回となる今回は、シングルマザー...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 244号(2008.6.15)

第244回 金属バット事件

連載「不登校の歴史」  「不登校新聞」創刊号に載せた金属バット事件とは、どういう事件だったのだろうか。  それは96年11月6日に起こった。日ごろから家庭内暴力をふるって...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 244号(2008.6.15)

第247回 金属バット事件の判決

連載「不登校の歴史」  金属バット事件について、ややくわしくとり上げてきた。読者のみなさんはすでに、なぜここまで子どもが追いつめられ、父親が追いつめられたか、おわかりになっ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 247号(2008.8.1)

第1回議連で語られたこと 不登校の歴史vol.456

「超党派フリースクール等議員連盟」の設立趣意書には、こうある。「フリースクールなどは子どもたちの教育保障や安心の確保に長年重要な役割をはたしてきた。しかし、学校制度外であるこ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 456号 2017/4/15

19年間、本紙を支えていた活動

本紙の発送は、前号の455号まで、不登校の子どもを持つお母さん方の手によって支えられてきた。じつに455回、ていねいに手作業していただいたのである。今号から発送代行業者へ依頼...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 456号 2017/4/15

論説 学校復帰政策の転換を 奥地圭子

今年も前年度分の学校基本調査速報が文科省より発表された。不登校の小中学生は、昨年より2364名増で、12万9254人となった。中学生のみで言えば不登校率は2・91%となり、調...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 248号(2008.8.15)

第248回 不登校、10万人の大台に

連載「不登校の歴史」  本紙「不登校新聞」が創刊され、金属バット事件裁判のあった98年は不登校をめぐる状況はどういうようすだったろうか。ちょうど今から10年前ということにな...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 248号(2008.8.15)

フリースクール等議員連盟 不登校の歴史vol.455

選挙の影響で「フリースクール環境整備推進議員連盟」は解散となっていたため、「フリースクール全国ネットワーク」や「多様な学び保障法を実現する会」では、法律実現の手がかりがなくな...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 455号 2017/4/1

議員連盟の立ち上げから 不登校の歴史vol.454

2014年の幕が開けた。この年はあとから考えると、不登校やフリースクールにとって、重要な節目となった。それらを一つひとつ見ていきたい。  2月1日~2日には、初の「オルタナテ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 454号 2017/3/15

学校以外の場もあるよ 不登校の歴史vol.453

いじめ問題が看過できない状況になっていた2013年、国会のなかでも議論が高まり、各党がいじめに関する法案を国会に提出していた。しかし、そのままでは成立せず、自民、公明、民主の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 453号 2017/3/1

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...