不登校新聞

518号 2019/11/15

「心理カウンセラー」に関連する記事

HSCの息子の反応、運動会の練習でつまづいた結果

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.9 幼稚園での「ママ離れミッション」成功後、6月21日の運動会に向けての練習が始まりました。 始めのころは、息子のたけるも...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 518号 2019/11/15

同伴登園だった息子が『ママ離れミッション』でとった行動は

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.8 5月の3週目、同伴登園を続けていましたが、いよいよ『ママ離れミッション』をスタートしました。 方法は、たけると話し合っ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 517号 2019/11/1

集団に入ると体が動かない園児の息子。その理由がやっとわかりました

入園してから4週目を迎えるころ、繊細で感受性の鋭い気質の息子たけるも、だいぶ幼稚園に慣れてきました。ゴールデンウィークに入っても、「そんなに長くなくていいのに。早く行きたい」...

  いいね!   shiko shiko from 516号 2019/10/15

入園後の慣らし保育、変化していった息子のようす

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.4.1  前号『HSCの安心基地』では、編集部の不手際により、掲載すべき第5話ではなく、第6話が掲載されてしまいました。...

  いいね!   shiko shiko from 515号 2019/10/1

【再掲】校舎を見て突然、不安がるHSCの息子。母にできたことは

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.5 前号『HSCの安心基地』では、編集部の不手際により、掲載すべき第5話ではなく、第6話が掲載されてしまいました。そのた...

  いいね!   shiko shiko from 515号 2019/10/1

「幼稚園に行きたくない」。朝の涙からわかった安心へのコツ

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.6  入園から毎日、親子通園を続け、息子のたけるは、お友だちとの遊びや歯磨き、そうじなど、一連の流れにも慣れて、通常...

  いいね!   shiko shiko from 515号 2019/10/1

校舎を見て突然、不安がるHSCの息子。母にできたことは

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.5 入園から2週間が経ち「慣らし保育」から通常保育に変わりました。 慣らし期間は12時まででしたが、今日からは14時降園、...

  いいね!   shiko shiko from 514号 2019/9/15

「私は絶対たけるを守る」人一倍敏感な我が子の入園式

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.4 入園式が始まった直後、息子のたけるがうしろをふり向きました。 ママと離れること、初めての場所、こと、人、注目されること...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 512号 2019/8/15

ひといちばい敏感な息子、入園式当日から早くも試された母の決意

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.3 幼稚園の入園を控えた息子のたけるは、敏感・繊細で感受性が高い気質(HSC=Highly Sensitive Child...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 511号 2019/8/1

「私の育て方が悪かったのかな」そんなとき救われた夫からの言葉

息子はとっても慎重派。4歳だった当時、ほかの子は問題なくできることを躊躇する、家以外の場所に安心を感じられず、ママと離れることができない子どもでした。 息子の幼稚園入園まであ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 510号 2019/7/15

ひといちばい敏感な子とその親が始めた安心基地の作り方

私たちが住んでいる沖縄県の公立幼稚園の多くは、小学校に隣接するかたちで建っています。そして、私たちが住む地域の幼稚園は1年保育(小学校入学前の1年間のみ通う保育)でした。 息...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 509号 2019/7/1

新学期目前は親も子もざわつく時期、臨床心理士が解く「子どもの葛藤」の支え方

臨床心理士・スクールカウンセラーの掛井一徳さんは、多くの不登校の子どもや親と出会ってきました。そんな掛井さんが訴えているのが「葛藤の支え方」です。子どもが葛藤しているとき、親...

  いいね!   shiko shiko from 478号 2018/3/15

「休み明け自殺」は現場の実感 心理カウンセラー・内田良子

子どもの自殺、夏休み明けに突出 内閣府を受けてのコメント 「休み明けの自殺」が多いのは現場の実感です。子どもの不登校の相談に乗って40年、つねに危機感を抱いてきました。とくに...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 415号 2015/8/1

不登校、親がわが子にできること 心理カウンセラー・内田良子

「東京シューレ」30周年事業の一環として開催されている「不登校大学」。第9講の講師は心理カウンセラーの内田良子さん。1973年から現在に至るまで、40年以上に渡って現場にこだ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 412号 2015/6/15

不登校の処方箋はただ一つ カウンセラー・内田良子

2014年夏に浦和で開催された「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会」の講演抄録より、心理カウンセラー・内田良子さんの講演料録を掲載する。 講演抄録「不登校、どう考えたら...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 395号 2014/10/1

書籍紹介『登園しぶり 登校しぶり』

内田良子著  新年度が始まる4月。急激な環境の変化から、子どもが幼稚園や保育園の登園をしぶることがある。そんなとき、先生からこんなことを言われて不安になってしまった……なん...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 383号 (2014.4.1)

論説「命が安心できる場を」

◎不登校11万人の異議申し立て  今年の「学校基本調査」速報値が発表されました。小・中学校の不登校は11万2471人、前年度に比べ5021人の減少です。毎年、マスコミは数字...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 369号 (2013.09.01)

不登校きほんのき「きょうだいの問題」

◎連載「不登校きほんのき」第19回  子どもが学校を休み始めたとき、親はその子に集中しますが、そのかげでつらい思いをしているきょうだいがいます。学校では欠席している兄や姉の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 324号(2011.10.15)

不登校きほんのき「不登校を認めつつも」

◎連載「不登校きほんのき」第20回  「学校に行かないことを認めている」と口では言いながら、子どもが家にいることを親はなぜこんなに悩むのでしょうか。3~4歳で幼稚園に入園さ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 325号(2011.11.1)

不登校きほんのき「ゲームについて」

◎連載「不登校きほんのき」第21回  学校に行かず、家で生活するようになった子どもが、ゲームばかりしている姿を心配する親がよくいます。学校で勉強せずに学力はつくのだろうか、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 326号(2011.11.15)

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...