不登校新聞

624号 2024/4/15

「当事者の声」に関連する記事

つらくても学校へ行くのはえらいの? 私の本音は「行きたくない」

イメージ画像小・中・高といじめを受け、専門学校に入ったものの「これまでで一番ひどい」といういじめを受けているSさん。罵声を浴びせられながらも、学校を「休めない」という本人の心境を…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 559号 2021/8/1

死にたいと思うほど心が疲れても私が学校へ行き続けた理由

イメージ画像統計上は「不登校」ではないものの、学校で苦しみ、不登校がしたくてもできない子もいます。日本財団の調査によれば「不登校傾向にあると思われる中学生」は中学生全体のの10.…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 559号 2021/8/1

「動画を見てたいから学校へ行きたくない」と言った子の真意【小学生からの不登校】

ヒョウゴさん小学生の不登校は「理由がわかりづらい」と言います。不登校に至る複雑な心境を言葉にすることは本人にとっても難しいからです。ましてや小学生であればなおのことでしょう。ヒョ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 559号 2021/8/1

兄弟全員が不登校。小1からフリースクールに通った僕の現在地【小学生からの不登校】

コウタロウさん4人兄弟全員が不登校であり、フリースクール育ちだというコウタロウさん(14歳)。不登校による苦痛が少なかったコウタロウさんは、人とは変わった「不登校からの世界」を見…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 559号 2021/8/1

大量の課題、突然始まったいじめ。今だから話せる一斉休校の影響

コロナ禍で突然に始まった全国一斉休校。大人も揺れるなかで不登校になったいちごさん(13歳)。学校で受けたいじめと、その後、自分の夢に向かって中学受験をすることになったきっかけを話…

  いいね!   shiko shiko from 558号 2021/7/15

こぼれた「明日、学校へ行きたくない」の言葉。14歳の心の底とは

「明日、学校へ行きたくない」とこぼす子どもの心境はどんなものか。コロナの影響で揺らぐ学校に通っていた女子中学生のあやかさん(14歳)が、この1年で起きたことを率直に語ってくれまし…

  いいね!   shiko shiko from 558号 2021/7/15

親の対応で救われたこと、傷ついたこと。現役大学生が語る不登校

4月10日に行なわれたオンラインシンポジウム「不登校からの卒業~あの頃が思い出に変わるとき~」(主催・NPO法人ここ)の講演抄録を掲載する。登壇者は、中学と高校で不登校を経験した…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 556号 2021/6/15

発達障害のグレーゾーンかもしれない僕。見つけた生きるヒント

今回の執筆者、鬼頭信さんは「自分は発達障害のグレーゾーンなのかもしれない」と思ったことがあるという。小学校から今までのご自身の経験を書いていただいた。* * *発達障害には「グレ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 556号 2021/6/15

「握った手がほどけない」不登校の子が登校時に感じた緊張感

小林直央さん群馬県在住の小林直央(なおひろ)さん(19歳)は中学1年生から中学卒業まで不登校だったそうです。不登校の経緯や不登校中のこと、今に至るまでの胸のうちをうかがいました。…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 555号 2021/6/1

環境を変えることは「逃げ」ではなく、次への一歩にもなり得る

今回の執筆者m.k.さんは「高校1年生で学校を中退したが、おかげで新しい一歩を踏み出せた」という。環境を変えるまでの葛藤と、その後を書いていただいた。* * *私が自分の不登校経…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 555号 2021/6/1

働くことがずっと怖かった私が見つけた「楽しく働くための条件」

連載「仮説なんですが…」vol.51約10年前、私は統合失調症という病気になった。ご存じの方も多いだろうが、現在の医学では治りにくい、やっかいな病気だ。症状の程度や中身は人それぞ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 554号 2021/5/15

どうして守ってくれないの?眼前の体罰を見過ごされて不登校に

今回の執筆者、スライムさんは、学校での経験をきっかけに「大人を信頼できなくなった時期がある」という。ご自身の経験と当時の心のうちを書いていただいた。* * *僕が不登校になったの…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 554号 2021/5/15

中学で人間関係に苦しんだ僕、見つけたのは自分を守れる術

瀧本裕喜さん2019年度の調査では、小中学校の不登校約18万人のうち、小学生は約5万人、中学生は約13万人でした。中学校に上がると、勉強がむずかしくなったり、部活で上下関係ができ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 553号 2021/5/1

学校で習う女の子とはちがう。私が感じていた気恥ずかしさの正体

今回の執筆者、真利恵さんは、自分や自分の好きなことに「ずっと気恥ずかしさを感じていた」という。ご自身の経験と心のうちを書いていただいた。* * *昨年、通販でアニメに登場する女性…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 553号 2021/5/1

不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

4月17日(土)午後7時56分から日本テレビ系列で放送される「世界一受けたい授業」)の『無理やり「学校に行け」はもう古い!「不登校」という生き方』にて、不登校から東大へ進学した不…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

今回の執筆者、富良野しおんさんは「小学校6年生のとき、先生に言われた言葉が苦しかった」という。当時の思いを書いていただいた。* * *小学6年生のとき、私はクラスメイトからいじめ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

みやもとたかひろさん中学のとき、僕に立ちはだかった「壁」は、「自信の持てない自分自身」だった。まわりの人の反応を気にして、自分の気持ちに正直になれなかったのだ。今でもおぼえている…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 552号 2021/4/15

不登校時の趣味を仕事にした漫画家が描く「僕の不登校その後」

棚園正一さん今回お話をうかがったのは、漫画家の棚園正一さん。棚園さんは小中学生のときの不登校体験を2015年に漫画化。その続編となる新刊を今年3月に出版した。新刊に込めた思いなど…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 552号 2021/4/15

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

今回の執筆者、腹痛が痛いさんは「中学へ行きたかったけど、行けなかった」という。不登校になるまでの経緯や当時の苦しみを書いていただいた。* * *小学校を卒業して間もないころ、「今…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 551号 2021/4/1

中学1年で不登校した私、新しい人間関係が壁に

連載「私がぶつかった中学校の壁」vol.4私の「中学の壁」は「新しい人間関係」です。私の中学校は、4つの小学校から生徒が集まっていたので、新しい人間関係が生まれやすい環境でした。…

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 550号 2021/3/15

バックナンバー(もっと見る)

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…