不登校新聞

525号 2020/3/1

「当事者の声」に関連する記事

不登校だったから「学校」をつくりたい

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳の女性。現在は通信制高校に通っている。彼女の夢は「学校をつくること」だという。なぜ「学校づくり」が夢...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 475号 2018/2/1

「七夕のお願い」を検査する先生と お願いを却下された小3の私

連載「ただいま別室登校中!」vol.4  小学3年生の1学期の話です。 7月の初旬、クラスのみんなで七夕飾りをつくり、短冊に願いごとを書くという行事がありました。それは授業...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 474号 2018/1/15

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

社員6人中、5人がひきこもり経験者――そんな会社が立ち上がりました。2017年12月1日に設立記念記者会見を開いた株式会社「ウチらめっちゃ細かいんで(以下・めちゃコマ)」は、...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 474号 2018/1/15

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

「ギークハウス岡山」管理人 藤田圭一郎さん パソコンやインターネットを得意とする人が集まって暮らすシェアハウス「ギークハウス」をご存じだろうか。岡山県在住の不登校経験者、PN...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

2017年9月30日から10月1日にかけて、北海道札幌市で行なわれた「全道のつどい」の若者シンポジウム抄録を掲載する。登壇者は3名。不登校した時期も「不登校その後」の歩みも異...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 472号 2017/12/15

キレる先生からの理不尽な一方通行が「学校」だと気づいた日 14歳の現場レポート

連載「ただいま別室登校中!」vol.3 小学校3年生のときの話をします。 そのころ私は、ほかの子と同じように学校に行っていました。勉強や学校に執着する親に対して「なんかおか...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

2017年9月30日から10月1日にかけて、北海道札幌市で行なわれた「全道のつどい」の若者シンポジウム抄録を掲載する。登壇者は3名。不登校した時期も「不登校その後」の歩みも異...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 472号 2017/12/15

ひきこもりの大先輩、夏目漱石が私に刺さる理由

無職の息子に向かって、父親が強めの皮肉を言う。 「昔の親は子に食わせて貰ったのに、今の親は子に食われる丈だ」(『こころ』)。 耳に痛いこの言葉は、つい最近、私が言われたような...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 472号 2017/12/15

不登校の私が『好きなこと』を封印し続けたワケ

2017年9月30日から10月1日にかけて、北海道札幌市で行なわれた「全道のつどい」の若者シンポジウム抄録を掲載する。登壇者は3名。不登校した時期も「不登校その後」の歩みも異...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 472号 2017/12/15

13歳で不登校。「自分もいつか伸びるはず」ネットの動画に励まされ

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.7  私が不登校になって今年で10年がたちます。不登校になったきっかけは部活の顧問からの体罰でした。 それ以来、私は「先生」とい...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 472号 2017/12/15

「個性を大事に」と言われたから緑のランドセルにしたら浮いてしまった件【14歳の現場レポート】

今思えば、私が初めて親に対して「なんかヘンだな~」と思ったのは、小学校入学前、保育園の年長のときでした。 祖父母と私でランドセルを買いに行きました。個人で経営している小さな鞄...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 471号 2017/12/1

就労に特化した支援がひきこもりを救えないワケ【当事者からの支援論】

林恭子さんは不登校・ひきこもりを経験し、現在はひきこもり当事者団体「ひきこもりUX会議」代表理事をつとめる。当事者と接する現場において感じる「支援」という言葉の違和感について...

  いいね!   hayashi-kyoko hayashi-kyoko from 471号 2017/12/1

小1から高3まで不登校、私が夢を叶えるまで

イラスト りゃこ 小学1年生で不登校を経験したPNりゃこさんのインタビューを掲載する。親の対応でつらかったことや現在のことなどをうかがった。――不登校はいつから?  小学...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 470号 2017/11/15

熊本より14歳が現場レポート【ただいま別室登校中!】

はじめまして、PN観際メルです。熊本県在住の中学2年生で、現在は別室登校中。 さて、第1回目は、私の今の状況を書きます。 私は中高一貫校に通っています。熊本のなかでは高い倍率...

  いいね!   shiko shiko from 470号 2017/11/15

“脱ひきこもり”のきっかけは? 経験者の回答

連載「あのとき、答えられなかった質問」最終回 「どうしてひきこもりから脱せたんでしょうか?」と聞かれれば、「奥さんと出会ったから(照)」と答えます。 彼女と知り合ったのは「...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 470号 2017/11/15

「死にたい」から、あえて「自死禁止プレイ」をやってみた

連載「どん底のときに支えられたもの」vol.5  役に立ったのは「自死禁止縛り」導入です。死のうと思うほど、どん底だった17歳のころ。なぜ「ただ生きるだけ」でこれほどつらい...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 470号 2017/11/15

なぜみんなと同じようにできないんだろう ひきこもり経験者・割田大悟さんに聞く

今回お話を聞いたのは、「ひきこもり当事者グループ『ひき桜』in横浜」を主宰する割田大悟さん。不登校経験はないものの、大学生時代にひきこもった経験がある。ひきこもった経緯や現在...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 469号 2017/11/1

不登校のなかでも優劣があるのか? 働けるあいつらと働けない私

私は25歳の現役ひきこもりです。小学6年で不登校になり、フリースクールに通いました。フリースクールを卒業したあとは、家ですごしています。 フリースクールにいたころから、気にな...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 469号 2017/11/1

ひきこもったこと、後悔してる? 経験者の回答は

連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.19 「ひきこもったことを後悔していますか?」と聞かれれば、「年齢を重ねるごとに後悔の念は薄れていっています」と答えます。 私...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 469号 2017/11/1

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.18 私はひきこもり経験者で古書店をやっているので「ひきこもりについてのおススメ本はありますか」と聞かれることがあります。私は...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 468号 2017/10/15

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...