不登校新聞

524号 2020/2/15

「バイト」に関連する記事

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

瀧本裕喜さん(撮影・堀田純) 「ひきこもったことは言わないほうがいいよ」。友人にそう言われモヤモヤしたひきこもり経験者の瀧本裕喜さん。「ひきこもりその後」の葛藤を書いていただ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 524号 2020/2/15

長くひきこもりだった私がサンタクロースになって募る思い

クリスマスが近いことだし、ひきこもりだった私がサンタになった話でもしようか。 あれは去年のアルバイト先でのことだ。私は図書館の仕事に就いており、普段は関わりのない児童書担当の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 520号 2019/12/15

ひと「派遣は「モノ」扱いされる」

駅やコンビニなど、街のあちらこちらでみかける色鮮やかな求人情報誌。そこには、「月収30万以上可」「個室寮完備」など魅力的な文字が踊っている。その一方で昨今、フルキャストなどの...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 226号2007.9.15

若者と仕事 「“社員”でも“バイト”でも」

労働者の3人に1人が非正規雇用のいま、若者をとりまく労働環境は厳しい。そうした現状をどう考えるべきか。まず、自分たちが感じたことを言葉にしていく必要があるのではないか。 そこ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 227号(2007.10.1)

初バイト探しのコツおしえます~後編~

前回に引き続き、私が見つけたアルバイト探しのオススメ理論をご紹介します。 ◎自転車通勤から始めよう理論  どうせ働くなら家から近いほうがいい。誰しもがそう思います。しかし、...

  いいね!   koguma koguma from 409号 2015/5/1

バイト探しのコツ、教えます

海の家、家庭教師、焼き鳥屋、警備員、焼肉屋、深夜のコンビニなど、数々のアルバイトをこなしてきました。3カ月で辞めたものから、3年続いたものまであります。そんな私の経験から編み...

  いいね!   koguma koguma from 408号 2015/4/15

不登校専用アルバイトマニュアル「失敗恐れすぎ、3日で”詰み”ました」

20歳のころ「もういい加減、働かないといけない気がする」という思いにかられてバイトを探していた時期があった。そのとき見つけたのはスーパーのたこ焼き屋のバイトだった。自宅からも...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 407号 2015/4/1

自分にあったバイトをさがす意外な方法

私が「アルバイトをしよう」と思い、まず始めに取りかかったことは無料のアルバイト求人誌を読みあさることでした。最初こそやる気マンマンで読みはじめた求人誌でしたが、目に飛び込んで...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 407号 2015/4/1

バイトコラム「ハローワーク、行ってはみたけれど」

先日、ハローワークの就職カウンセリングを受けてきました。これまで何度かアルバイトに応募しましたが、どれもうまくいかず、行き詰まりを感じていたからです。  しかし私がそこで受け...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 405号 2015/3/1

不登校とバイト 履歴書の難関「志望動機欄」への秘策

バイトを始めようと思っても、いくつもの壁を越えなければいけない。今回は「履歴書」編。履歴書を初めて書くときは戸惑いの連続だった。自分の卒業年度がわからないし、資格なんてなにも...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 404号 2015/2/15

不登校とバイト「苦手な電話は宅配ピザで練習」

「バイトしてみよう」「ここで働きたい」と思っても、まだ越えねばならない高い壁がある。それが「電話掛け」だ。「ここでバイトしたいんですけど」と言い、面接の日取りを決める。初めて...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 403号 2015/2/1

不登校とバイト 時給0円で気持ちよく

「バイトを始めてみたい、でも怖い」。そんなあなたにおすすめなのが「ボランティア」だ。  ふつう、労働には「お金を支払うんだからその分ちゃんと仕事しろよ」という契約関係がある。...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 402号 2015/1/15

【公開】新連載「不登校専用アルバイトマニュアル」

不登校・ひきこもり当事者が最初にぶつかる社会のカベ、それが「バイト」。今後、数回にわたり、不登校経験者と本紙スタッフが「バイトと不登校」をテーマに連載します。当然ですが、本連...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 402号 2015/1/15

アルバイトを始めました

バイトしたいけど勇気がない。人づき合いが苦手な私がバイトなどできるはずない。そう思っている同世代の人も多いと思います。けれど昔の人は言いました。「案ずるより産むが易し」。そこ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 384号 (2014.4.15)

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...