不登校新聞

476号 2018/2/15

「学校のナゼ」に関連する記事

第2回 ヘンな校則、なぜあるの?

連載「学校のナゼ」  全号より始まった「学校のナゼ」。今回のテーマは「校則」。そのなかでも「頭髪」について取り上げることにする。  「校則」といえども、小学校のうちは、登...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 247号(2008.8.1)

第3回 理不尽な給食、学校行事…

連載「学校のナゼ」  今回の「学校のナゼ」は、08年8月2日~3日に行なわれた「夏の全国子ども交流合宿in佐賀」に参加していた14~21歳の子ども・若者どうしでミニ座談会を...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 248号(2008.8.15)

第1回 「学校のナゼ?!」

連載「学校のナゼ」  学校には校則など、さまざまなルールが存在する。しかし、目には見えない、学校独自の文化ともいうべき決まりごとが、いまだに残っていることも事実だ。なかには...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 246号(2008.7.15)

第4回 介助員に聞く学校のナゼ

連載「学校のナゼ」  相談業務やティームティーチングの拡充により、児童生徒に個別に対応する介助員が嘱託職員などのかたちで学校現場で働いている。今回の「学校のナゼ」は現在、学...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 249号(2008.9.1)

第5回 不登校のこどもミニインタビュー

連載「学校のナゼ」  今回の「学校のナゼ」は、不登校の子どものミニインタビューを掲載する。両者とも「いま考えると、もっと変なことがあったのに、思い出せない」と言っていた...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 250号(2008.9.15)

第6回 学校は閉ざされた場所

連載「学校のナゼ」  9月に入ると、不登校をする子どもたちが増え、さらに苦しさから自ら命を絶つ子どもたちのニュースが後を絶たない。そして、10月13日は体育の日。夏休みが明...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 251号(2008.10.1)

第7回 目に見えない縛り

連載「学校のナゼ」  今回の「学校のナゼ」は、本紙理事であり、東京シューレ葛飾中学校に務める木村砂織さんに執筆していただいた。  「『学校のナゼ』という連載をFonteで...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 252号(2008.10.15)

第7回 「前へならえ」で自ら判断する子は育つのか

連載「学校のナゼ」  2面で連載していた「学校のナゼ」をリニューアルし、今号から3面にて連載を開始する。今回の執筆者は元小学校教員の湯本雅典さん。今号より5回に渡って、元教...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 253号(2008.11.1)

第8回 すべての子どもは調査できない

連載「不登校のナゼ」  「共通テスト」が全国で行なわれている。しかし、「共通テスト」には、誰が見てもおかしいことがある。解答用紙が返却されないのである。  テスト結果に...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 254号(2008.11.15)

第9回 君が代は弾けない

連載「学校のナゼ」  僕は現役教員時代、ずっと「日の丸・君が代」に反対してきた。それは、かつて日本の人々を侵略戦争に駆り出していった道具だったからだ。僕は、母親の戦争体験...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 255号(2008.12.1)

第10回 大人に通底する競争原理

連載「学校のナゼ」  「習熟度別授業」。僕の記憶では当初は「チームティーチング(T・T)」と言っていた。それが、「少人数授業」と呼ばれ、現在は「習熟度別」授業となった。導...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 256号(2008.12.15)

第11回 決定が降りてくる

連載「学校のナゼ」  職員会議について、巷で少し話題になり始めている。東京都立三鷹高校の土肥校長が、東京都教育委員会が出した「職員会議において『挙手』『採決』などの方法を用...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 258号(2009.1.15)

第12回 なにからなにまで

連載「学校のナゼ」  わが家の子どもたちは現在、中2、小6、小3。3人とも学校に行かず、家で過ごしています。  最初に長男が学校に行かなくなってから4年あまり。学校とのや...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 259号(2009.2.1)

第13回 理解を放棄した文集

連載「学校のナゼ」  今回の「学校のナゼ」は本紙読者である大森伸樹さんに執筆していただいた。大森さんのお二人のお子さんはともに不登校をしたが、そのときの学校側の対応には大き...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 260号(2009.2.15)

第14回 卒業の時期、なにかと…

連載「学校のナゼ」  今、まさに卒業・進級シーズン。不登校をしている子どもの親にとって、日常的には学校と疎遠でも、学校がちょっと気になる時期。親の会の例会では、いろんな親の...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 261号(2009.3.1)

【公開】人気連載を初回から

専門家や当事者が執筆する人気連載を初回から読むことができます。あなたの気持ちによりそう記事がきっとあるはずです。以下にかんたんにご紹介します。 ◆「不登校きほんのき」 ...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 号外(2013.12.18)

バックナンバー(もっと見る)

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...