不登校新聞

484号 2018/6/15

「不登校」に関連する記事

“私は旧満州帰りの不登校” 1947年の出来事

「私、旧満州帰りの不登校なんです」と語るのは澤田和子さん(76歳)。小学校1年生~小学校4年生まで、1年間の半分近くを登校しなかったという。その背景には戦争によって旧満州から...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 464号 2017/8/15

ふつうはいいところじゃない【不登校50年/公開】

連載「不登校50年証言プロジェクト」北村小夜さん(92歳)は、特殊学級の教員をしながら、障害児を分ける教育はおかしいと感じ、「障害児を普通学校へ・全国連絡会」の活動などをされ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 464号 2017/8/15

総理、子どもと話す 不登校の歴史vol.464

2014年9月10日、総理の東京シューレ視察のようすを前回にひき続き、ありのままに紹介する。 ちょうど5Fでは、子どもたちが10人くらいで打楽器講座をやっているところだった。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 464号 2017/8/15

子どもが動き出すきっかけは?【不登校Q&A】

連載「親のための不登校Q&A」vol.24  「不登校の子が動き出すきっかけは何でしたか?」「きっかけづくりをしたほうがいいのでは?」ということをよく聞かれます。「信じて待...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 463号 2017/8/1

不登校(研究)の始まりは学校恐怖症【不登校50年/公開】

中沢たえ子さんは児童精神科医の草分けの一人であり、1960年発表の論文「学校恐怖症の研究」の執筆者としても有名です(執筆者名は旧姓の鷲見たえ子)。学校恐怖症は登校拒否より前に...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 463号 2017/8/1

総理のフリースクール視察 不登校の歴史vol.463

2014年は、国の不登校政策の変わり目を感じた年、と述べてきたが、東京シューレ開設からいうと30年目にあたる。  30年間で驚くことがいろいろあったが、9月10日、もっともび...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 463号 2017/8/1

明日行くと言ったのに起きてこないのはなぜ?【不登校Q&A】

連載「親のための不登校Q&A」vol.23  「明日は学校へ行く」「午後から学校に行く」そう言いながら、そのときになったら、やっぱり行かない。  「もうゲームはやめる」「...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 462号 2017/7/15

「不登校でお小遣いカット」を絶対してはいけないワケ

私が小学生だったとき、毎月のお小遣いは500円。私がちびちび使う一方、「宵越しの銭は持たない主義」の弟は、もらった日にパパッと使ってしまいます。「ダメよ~」と横目で見ていると...

  いいね!   koguma koguma from 462号 2017/7/15

親の会、居場所の問い直し【不登校50年/公開】

連載「不登校50年証言プロジェクト」  私が最初に松江にうかがったのは、まだ「東京シューレ」のスタッフをしていたころ、子どもたちと貧乏旅行で訪ねたのが最初だった。子どもの居...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 462号 2017/7/15

「就学義務のあり方」検討へ 不登校の歴史vol.462

いま、2014年夏の不登校関係のできごとについて述べている。「超党派フリースクール等議員連盟」の誕生、「教育再生実行会議」の第五次提言、20歳になった不登校生徒の追跡調査、な...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 462号 2017/7/15

待つか働きかけるか、不登校対応の“正解”はどっち?

梅雨の時季の悩み事と言えば、やはり洗濯物です。私の数少ない趣味のひとつが洗濯なので、外に干してから出かけるか、室内干しという手段を取るか。最近は毎日のように、ベランダで腕を組...

  いいね!   koguma koguma from 461号 2017/7/1

子どもの将来が本当に心配なんです【不登校Q&A】

連載「親のための不登校Q&A」vol.22 親は、子どもが生まれたときから、つねに子どもの人生を心配するものです。生まれて間もないころから、育児書を見てその通りにならないと「...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 461号 2017/7/1

学校へ行かなくていいと知って、目の前に色がついてきた【不登校50年/公開】

連載「不登校50年証言プロジェクト」  うめざわしのぶさんは、1984年に小学校入学、小学6年生から登校拒否し、中学もまったく通っていません。  90年代のはじめ、山口県の精...

  いいね!   shiko shiko from 461号 2017/7/1

不登校体験者の20歳の状況は 不登校の歴史vol.461

2014年に文科省が発表した不登校生徒への追跡調査を前号から紹介している。以下、調査結果の一部を紹介する。回答者は06年時点で中学3年生であり、調査時点では20歳になった者で...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 461号 2017/7/1

学校へ行ったり、行かなかったり。親がするべきことは?

連載「親のための不登校Q&A」vol.21  新年度が始まると、子どもが学校へ行きしぶるようになったり、学校へ行ったり行かなかったりをくり返す「五月雨登校」になったりもしま...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 460号 2017/6/15

わけのわからん子どもを相手に 竹淵陽三さんに聞く【不登校50年/公開】

連載「不登校50年証言プロジェクト」  竹渕陽三さんは、不登校を論じてきた方ではない。「情緒障害児短期治療施設(情短施設※)」の児童指導員として、さまざまな困難を持つ子ども...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 460号 2017/6/15

不登校追跡調査 不登校の歴史vol.460

2014年の夏は、学校以外の教育に道を開こうとする動きの幕開けだった、と前号に書いた。「教育再生実行会議」の第五次提言が出た7月、不登校に関する大きな調査が発表された。森田洋...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 460号 2017/6/15

ネットには正反対の情報も 何を信じれば?【不登校Q&A】

連載「親のための不登校Q&A」vol.20  子どもが不登校になったとき、親はどうしたらいいのかわからなくなります。まわりに信頼して相談できる人がいれば幸いですが、そうでな...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 459号 2017/6/1

「ほめて自己肯定感を高める」というワナ

フェイスブックやインスタグラムなど、ネット上で世界中の人たちと交流できるサービスがあります。文章や写真を投稿すると、見た人から「いいね!」という評価がもらえたりします。「いい...

  いいね!   koguma koguma from 459号 2017/6/1

知事、議員、記者で不登校に尽力 堂本暁子さんに聞く【不登校50年/公開】

連載「不登校50年証言プロジェクト」  堂本暁子さんは、現在85歳を迎えられている。堂本さんと言えば「千葉県知事をなさっていた人」と説明すると、「ああ、あの」という反応が戻...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 459号 2017/6/1

バックナンバー(もっと見る)

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...