不登校新聞

558号 2021/7/15

「神経症」に関連する記事

【9/1号より新連載】不登校Q&A 児童精神科医に聞きました

2017年9月1日号より、隔号連載「不登校Q&A~児童精神科医に聞きました」が始まります。  お話をうかがうのは、児童精神科医の高岡健さん。精神医療の専門家として長年、不登校...

  いいね!   koguma koguma from 463号 2017/8/1

声 フツウを目指して「強迫神経症」に

3月1日号の「ひと」欄・関本冬美さんの「心から『ふつう』に憧れていた」を読んで、気持ちがうごかされました。  私も、中学時代「ふつう」に憧れていました。当時は、陰うつ・暗たん...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 214号 2007/3/15

第8回 親の会は山登り【下】

連載「家庭内暴力」  ぼくにとって遠藤豊吉先生が父親なら、奥地さんが主宰する「東京シューレ」と親の会の全国ネット、そして自分が世話人となっている福井の親の会、そこに招いた多...

  いいね!   none 匿名 from 229号 2007.11.1

ひきこもり時給2000円 私もつらかった「強迫神経症」

連載「ひきこもり時給2000円」vol.11  「強迫神経症」という言葉を知っていますか? 僕は知っています。なぜなら、比較的最近までこの症状に悩まされていたから。ここ1~...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 417号 2015/9/1

私の不登校「家から出られない~強迫神経症と向き合って」

今回お話を聞いたのは、小西菜月さん。中学受験を機に小学6年生から不登校になった。その後は不登校での葛藤よりも、「強迫神経症」と向き合う日々だったという。外出できず、手洗いも止...

  いいね!   koguma koguma from 410号 2015/5/15

講演抄録「ひきこもり、いつまで待てば」

9月28日~29日にかけて開催した『Fonte秋の親合宿』初日の講演「ひきこもり~親はいつまで待てばいいの?」の抄録を掲載する。講師は宇部フロンティア大学教授・臨床心理士の西...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 372号 (2013.10.15)

私の神経症、その20年

こんにちは、PN朱々と申します。今回、私の神経症人生について書かせていただくことになりました。  私は20年以上、神経症の深い森に迷い込んで抜け出すことができませんでした。...

  いいね!   shiko shiko from 347号(2012.10.1)

バックナンバー(もっと見る)

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...