不登校新聞

526号 2020/3/15

「体罰」に関連する記事

体罰やいじめ、子どもを暴力から守るには【2017年をふり返る】

①子どもの虐待問題2017年8月に発表された厚労省の調査(速報値)によると、2016年度に全国の児童相談所が扱った虐待相談件数は12万2578件で、前年より約2万件増加して過...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 473号 2018/1/1

文科省が体罰の範囲を通知 起立、教室外退去は容認

文科省は2007年2月5日、教室外への退去など、体罰にあたらない範囲を明確にする通知を全国の教育委員会などに出した。また通知は「犯罪行為の可能性がある場合は直ちに警察に通報し...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 212号 2007/2/15

Q&A 体罰基準を文科省が通知、影響は?

文科省は教師が子どもに対する体罰について基準を示す通知を出したと報道されました。これにより、どんな影響が出ると思われますか?(本紙212号面参照)【編集部】  文科省は20...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 213号 2007/3/1

教師の体罰で小5自殺、両親が提訴/学校は校内アンケート廃棄

北九州市で小学校5年永井匠くん(当時11歳)が首をつって自殺した問題で、原因は担任教諭の体罰によるものだとして、両親が学校管理者の市に総額約8100万円の損害賠償を求める訴え...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 215号 2007/4/1

【公開】メモ 体罰

体罰を原因とする自殺が提訴されたケースはめずらしいが、警察庁の統計によると、過去3年間で『教師による叱責』を原因とする自殺が2件発生している。警察捜査では、容疑者への取り調べ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 215号 2007/4/1

最高裁逆転判決 体罰”適法”

熊本県天草市(旧、本渡市)内の公立小学校に通う当時小学2年生だった男子児童(当時7歳)が同小学校教員より体罰を受けたとして、同市を相手取り損害賠償を請求していた訴訟が2009...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 266号(2009.5.15)

メモ「体罰」

教員による体罰の行使は、学校教育法第11条によって禁止されている。

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 266号(2009.5.15)

【公開】体罰自殺認定 福岡小5自殺問題

2006年3月、当時小学5年生だった永井匠くんが自殺。その原因は担任教諭による体罰にあるとして遺族らがおよそ8100万円の損害賠償を求めた裁判の判決が10月1日、福岡地裁小倉...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 277号(2009.11.1)

刈谷高2自殺 背景に体罰

2011年6月9日、愛知県・刈谷工業高校野球部員の山田恭平くん(当時16歳)が自殺した。経緯・背景を調べていた第三者調査委員会は今年2月4日、最終報告書をまとめ、自殺の背景に...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 380号 (2014.2.15)

2013年の「体罰」「不登校」ふり返る

文科省が8月に発表した調査によると、12年度の不登校は、小中学校で11万2437人(前年比4・1%減/5年連続減)、高校で5万7000人(前年比2・3%増)であった(児童生徒...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 377号 (2014.1.1)

体罰と暴力を問う 多田元

戸塚ヨットスクールの映画「スパルタの海」が上映された(本誌326号)。戸塚ヨットスクールを支援する会のホームページの映画案内には、「石原慎太郎都知事の推薦、暴力か、体罰か」の...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 327号(2011.12.1)

かがり火

日弁連は今年秋のシンポジウムで子どもの尊厳と学ぶ権利の視点から日本の教育のあり方を問うというテーマを取り上げるとのことである。ある公立高校の女生徒の相談事例はまさにこのテーマ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 337号(2012.5.1)

休みがち生徒に自宅で「体罰」

◎担任教師、登校指導で訪問。中1女子、眼の下を骨折  奈良県大和高田市の中学校の男性教諭(30)が、担任する1年生女子生徒(13)の顔を拳で殴るなどして右目の下を骨折させ...

  いいね!   shiko shiko from 359号(2013.4.1)

体罰自殺問題 両親が調査継続を拒否

◎ 県教委の真相究明への誠意を感じず 2011年6月9日に自殺した愛知県の刈谷工業高校野球部員の山田恭平くん(当時16歳)の両親が、県教委の第三者調査委員会の調査を認めず、調...

  いいね!   shiko shiko from 357号(2013.3.1)

根強い体罰容認の世間はなぜ

32年間、わたしが教員として勤務した2つの職場は、いずれも工業高校の定時制課程だった。生徒間のけんかはよくあった。生徒が教員に喰ってかかったり、暴行におよぶこともままあった。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 356号(2013.2.15)

【集会】反体罰で連絡発足

権利保障と方策を 3月23日、東京でシンポジウム開催 大阪市立桜宮高校に通う生徒が部活顧問による体罰を苦に自殺したとされる問題。学校現場における体罰をめぐって、マスメディアで...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 356号(2013.2.15)

体罰は、どう裁かれてきたのか

昨年12月、男子バスケットボール主将だった男子生徒(当時17歳)が体罰を受け自殺した問題で、大津いじめ自殺と同様、学校側が体罰の現状を隠すような言動に注目が集まっている。報道...

  いいね!   shiko shiko from 355号(2013.2.1)

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...