不登校新聞

554号 2021/5/15

「雨宮処凛」に関連する記事

生きづらさは真摯に生きる証 雨宮処凛

10代中盤から20代まで「生きづらさ」のなかで七転八倒し、「ゴスロリ作家」になった雨宮処凛さん。雨宮さんに、これまでどんな経緯をたどり、これから、どんな活動を展開されたいのか...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 209号 2007/1/1

無条件で生きさせろ!雨宮処凛さん

今回は07年11月4日に行なわれた集会「無条件で生きさせろ!~不登校・ひきこもりから"働く”を考える~」(主催・全国不登校新聞社)の抄録を掲載する。講師に雨宮処凛さんをお招き...

  いいね!   none 匿名 from 230号(2007.11.15)

私からのメッセージ 作家・雨宮処凛

いじめられてる頃、  夏休みが終わるのが怖くて仕方なかった。  月曜日も怖かった。  「逃げるな」「強くなれ」なんて言葉は大嘘だ。  今、私はあの頃の自分に「すぐに逃...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 緊急号外(無料)

不登校・自己否定からの生き延び方 雨宮処凛

400記念インタビュー第2弾は作家・雨宮処凛さん。「私も生きづらさを抱えている」と語る一方で、若者や貧困などの問題に長年取り組んできた。活動にかける思いなど、子ども若者編集部...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 400号 2014/12/15

【記事予告】「依存も生きる作法」雨宮処凛

雨宮処凛さんへの取材のようす  私は「自由の森学園」というオルタナティブな学校を卒業しその後、数年間ずっと自分の「所在なさ」を感じてきた。家にも大学にもどこにも、自分が居て...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 398号 2014/11/15

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...