不登校新聞

506号 2019/5/15

「石井志昂」に関連する記事

ひといき 多田耕史・石井志昂

ここに2007年9月号の栃木・登校拒否を考える会の通信がある。その表紙には「人生の応援詩シリーズ」としてズーニーヴーの「ひとりの悲しみ」が紹介されている。素晴らしい!  こ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 232号(2007.12.15)

ひといき

「Fonte」に来て、はや1カ月。そこは、石井編集長とのやりとりのなか、聞いたことがない言葉が飛び交う場所でした。「この単語はヒラいてください」「ヒラく……魚かなにか?」「小...

  いいね!   koguma koguma from 201号 2006/9/1

ひといき 山下耕平・石井志昂

思えば、高校のときを最後に16年以上、健康診断を受けたことがない。「ちゃんと受けたほうがいいよ」と言う人もいるが、まったく必要を感じない。というより、それは倒錯した感覚ではな...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 203号 2006.10.1

ひといき 山下耕平・石井志昂

6歳になった息子が「タからアを抜くとどうなるの?」と聞いてきた。最初は何を聞きたいのかわからなかったのだが、聞いているうちに、子音と母音のことをたずねているのがわかった。  ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 205号 2006.11.1

ひといき 山下耕平・石井志昂

最近は、甘栗も皮をむいて売っている。私もよく食べているが、あれは中国で一つひとつ、人が手でむいているそうだ。皮をむいてあるのは便利だが、自分で皮をむいて食べると、なんだか食べ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 207号 2006.12.1

ひといき

このクリスマス、私は「サンタクロースはいる」とマジメに唱えていた。クリスマスはキリスト教よりずっと古くからの、冬至の季節の祭りだ。暗闇が支配し、死の影がもっとも濃くなるこの季...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 209号 2007/1/1

いじめられた少年の一言 「僕が説明できなかった」

11歳の男の子に話を聞いた。彼は小1から小4まで、いじめを受け不登校した。先生や親に相談したが、何の解決にもならない。解決できなかったのは「僕の説明が悪かったから」だと言う。

  いいね!   shiko shiko from 212号 2007/2/15

ひといき 石井志昂

先月、NHKの取材を受けた。番組名は「一期一会」。今春、教師になる22歳の方とたくさん話した。彼女は学校が大好き、先生も大好き。不登校なんて考えられない。私はその逆。二人の会...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 214号 2007/3/15

ひといき

パソコンや蛍光灯、冷蔵庫などは、ずっとつけていると気づきにくいが、じつにイヤな音を立てている。消したときに、すごくホッとして、ずっと苛立たしい微音を聞かされていたことに気づく...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 216号 2007/4/15

NPO紹介 平塚らいてうの会

「元始女性は太陽であった」という言葉で名高い平塚らいてう(1886年~1971年)。女性運動の先駆者であり、今なお女性史に輝きを放つ平塚らいてうの足跡をとどめ、女性の社会的地...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 219号 2007.6.1

ひといき 小熊広宣・石井志昂

昨年夏、私は初めて北海道を訪れた。心地よく車を走らせていると、沿道で一匹のキツネを見かけた。たまたま一人だったので車をとめ、しばらくキツネのようすを眺めていた。  キツネは...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 219号 2007.6.1

ひといき 多田耕史・石井志昂

かなり前の話になるが、事務所に訪れた2人の司法修習生の会話。「いじめで自殺する子がいるけど、どう思う?」「俺は甘えてると思うよ」。果たしてそうだろうか? 自殺する子どもたちは...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 222号(2007.7.15)

ひといき 小熊広宣・石井志昂

丸木美術館、緊急集会と、ここ1力月ほど、核や原爆などの問題について取材を重ねてきた。そうしたなか、国は原爆症の認定基準について見直すとした。62年がすぎ、多くの命が失われてき...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 223号 2007.8.1

ひといき 小熊広宣・石井志昂

丸木美術館、緊急集会と、ここ1カ月ほど、核や原爆などの問題について取材を重ねてきた。そうしたなか、国は原爆症の認定基準について見直すとした。62年がすぎ、多くの命が失われてき...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 224号2007.8.15

ひといき 小熊広宣・石井志昂

先日、「メイド喫茶」というものに初めて行った。頼んだコーヒーがさらにおいしくなるように『萌え~』というかけ声をメイドさんが送る。注文したパスタも混ぜてくれ、「萌え萌えジャンケ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 227号(2007.10.1)

ひといき 小熊広宣・石井志昂

最近、タイ料理にハマっていて、自分でもよくつくる。オススメは『牛肉サラダ』。まず、ブロックのモモ肉の表面をあぶり、タタキにして細切りにしておく。それを同じく細切りにしたタマネ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 230号(2007.11.15)

ひといき 多田耕史・石井志昂

日ごろの不摂生がたたったのか、ひさしぶりに風邪をひいてしまった。ここ何年も風邪知らずだったのに。頭痛がして、なんとなく熱っぽかったので、その日は事務所を早退させてもらい、家の...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 235号(2008.2.1)

ひといき 多田耕史・石井志昂

ある日の夕方、理事が私に「今日、夜食べるもの何か買ってきて」と言ってきた。う~ん、またかよぉ、面倒くせえなぁ。でも食べなきゃ結局は腹減るしな、と思いながらコンビニへ弁当を買い...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 238号2008.3.15

ひといき 石井志昂・多田耕史

早いものでFonte  (旧・不登校新聞)が創刊されて、今年5月でまる10年を迎えた。私のこのコラムも10年間続いた。最初は文章を書いた経験も少なく、書くのがイヤでイヤでしょ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 241号(2008.5.1)

“モノ”のちがい~飲み物編~

前号にひきつづき、今週もコーヒーにまつわるナゾについて迫ってみました。  「カフェ・ラテ」……イタリア語らしい。ヴェネツィア発祥のこの飲み物は、優しい口調で「カッフェ・エ・...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 244号(2008.6.15)

バックナンバー(もっと見る)

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...