不登校新聞

534号 2020/7/15

「発達障害」に関連する記事

書籍紹介 発達障害当事者研究

著者:綾屋 紗月、熊谷 晋一郎出版:医学書院(TEL03-3817-5600)  発達障害当事者研究――。何だか小難しそうな本にも感じますが、発達障害の関連書籍のなかでも非...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 391号 (2014.8.1)

第1回 福岡県公立中学校養護教員さんに聞く

シリーズ「発達障害」  今号からシリーズ「発達障害」を始める。発達障害については、05年に本紙で連載を持った。連載終了から3年が過ぎたが、07年からは特別支援教育がスタート...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 260号(2009.2.15)

第2回 公立中学校養護教員に聞く(下)

シリーズ「発達障害」 ――人を分けることで学校現場が変わってしまっている、と指摘していますね。 これまでも、ちょっと変わった子はいたし、そういう子の人数が増えたわけじゃな...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 261号(2009.3.1)

第3回 発達障害の当事者に聞く

シリーズ「発達障害」  今回は、発達障害の当事者のお話を掲載する。 ――ご自身が発達障害だと診断されたのは? 2007年9月、25歳のときです。広汎性発達障害で、アスペ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 262号(2009.3.15)

第4回 発達障害の広がった理由

シリーズ「発達障害」  今回のシリーズ発達障害は精神科医・高岡健さんにお話をうかがった。高岡さんには、発達障害が広がった背景にある社会構造の問題から、教育や労働のあり方につ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 263号(2009.4.1)

最終回 発達障害と労働問題

シリーズ「発達障害」 前号に引き続き、精神科医・高岡健さんのお話を掲載する。シリーズ「発達障害」は、今回を持って最終回。 ――発達障害は労働問題としても、大きな問題にな...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 264号(2009.4.15)

発達障害のサポートは? 高岡健

09年4月26日、東京しごとセンターにて全国不登校新聞社春の集い「発達障害を考える」を開催した。当日は不登校や精神障害のお子さんを持つ親の方や医師、介助員、教員など130名が...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 267号(2009.6.1)

記者コラム 当事者から見た発達障害

綾屋紗月さん 連載「記者コラム」  「発達障害者支援法」が施行されておよそ10年、「発達障害ブーム」とも呼ぶべき状況は今も続いています。文科省は早期発見・早期対応の働き...

  いいね!   koguma koguma from 390号 (2014.7.15)

【再掲】自分の発達障害を研究してわかったこと

記者コラムで触れた綾屋紗月さんのインタビューを本誌291号から再掲します。 ――どのような子ども時代をすごされたのでしょうか? 一言で言えば、「人とつながりたいけど、つ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 390号 (2014.7.15)

お父さんに読んでほしい「発達障害本」

高岡健さん  この本はずばり「お父さんに読んでもらいたい発達障害本」です。  高岡健さんの著作全般に言えることですが、高岡さんの著作は論理がしっかりしています。ゆえに発達障...

  いいね!   shiko shiko from 384号 (2014.4.15)

褒めて育つって? 浜田寿美男

今号は、講演会「子どもの育ちを考えるうえで大切なこと」(主催・フリースペース「たまりば」)の講演録を掲載する。講師は浜田寿美男さん。子どもの育ちについて浜田さんは「たんに子ど...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 380号 (2014.2.15)

【公開】人気連載を初回から

専門家や当事者が執筆する人気連載を初回から読むことができます。あなたの気持ちによりそう記事がきっとあるはずです。以下にかんたんにご紹介します。 ◆「不登校きほんのき」 ...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 号外(2013.12.18)

発達障害当事者 綾屋紗月さんに聞く

今回は、綾屋紗月さん。綾屋さんはアスペルガー症候群の当事者として、発達障害の当事者研究を進めている。幼少時に抱え続けた思いなど、うかがった。 幼少時からの問い゙人とつなが...

  いいね!   koguma koguma from 291号(2010.6.1)

【公開】居場所「たまりば」講演会開催、「発達障害」テーマに

12月8日、「NPO法人フリースペースたまりば」が講演会「子どもの育ちを考えるうえで大切なこと~自分の力を使って『いま』を生きる~」を開催する。会場は神奈川県川崎市高津区役所...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 375号 (2013.12.1)

不登校の歴史「最多の発表は『発達障害』」

2009年に開かれた日本児童青年精神医学会総会は、前号で述べたように、製薬産業との癒着による診療、研究、学会のあり方への歪みにメスを入れ、改革しようという姿勢を持った思い切っ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 375号 (2013.12.1)

当事者から学ぶ発達障害 講師に小道モコさん

3月6日、高知県にて学習会「発達障害~自閉症スペクトラムを考える」が開催される。主催はNPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク。  1981年、イギリスの研究者ロ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 309号(2011.3.1)

論説 森英俊

発達障害の乳児に精神薬? 安易な医療依存に注意を  本年3月の厚生労働省の調査で、自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの「発達障害」があると診断された乳児に対して精神...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 312号(2011.4.15)

自閉症スペクトラムを考える 小道モコさん・講演抄録

3月に高知市内にて、NPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワークの主催で行なわれた学習会の講演抄録を掲載する。テーマは「発達障がい・自閉症スペクトラムを考える」。講師は...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 313号(2011.5.1)

【公開】発達障害当事者連載「“自閉症スペクトラム”から見える世界」

「自閉症スペクトラム」当事者である小道モコさんの連載を今回から隔号で始める。 眼からはいる情報は安心感につながる  私の脳機能が、自閉症スペクトラムというカテゴリーに入ると知...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 320号(2011.8.15)

第2回 「私にとって、学校は"ジャングル”だった」

連載「”自閉症スペクトラム”から見える世界」  私にとって学校は、ジャングルのような場所でした。いつ何が起きるかわからない。何のために、どこに向かっているのかわからない。毎...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 322号(2011.9.15)

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...